FC2ブログ

「MAMA」は誰のための日本開催のか... 冷ややかな視線



誰のための日本開催だろうか。

24日Mnetは「Mnet Asian Music Awards(以下MAMA)」が、今年は日本の名古屋ドームで開催される号機深く明らかにした、反応は冷ややかだ。

「MAMA」側名古屋ドーム開催について「最初のドーム開催はもちろん、歴代最大規模で広がるMAMAになる見通し」とし「特にドーム公演はアーティストの影響を評価する尺度であり、歌手の両方が羨望する舞台に最高の歌手たちがドーム公演を通じて影響力を証明されたことがある。名古屋ドーム開催を通じてMAMAをもう一度アジア最高の音楽授賞式としての地位を刻印させるという願望」と説明した。

また、「韓日関係梗塞で開催地の選定に関する深い議論があったが、政治問題とは別に、民間の文化交流は続けなければならないというのが大半の意見だ」と付け加えた。

しかし、これらの説明をありのまま受け入れるギラン容易ではない。2012年以来、ずっとMAMA州授賞式を開催してきた香港が、最近送還法などで触発されたデモにより、香港開催が不透明になり、場所選定のMAMA側の悩みもあったと思われる。

しかし代わりに韓国ではなく日本が議論されて、あえて名古屋ドームで開催する必要があることを意味を見つけることも、理解することも難しい。ゴチョクスカイドームでの開催は、アジア最高の音楽授賞式としての地位を刻印することができないのか。最近、韓日関係が梗塞され、日本の不買運動が繰り広げられている状況で、大規模な資本が投入される授賞式をあえて国外で開催する必要があったのかという疑問がする。「プロデュース101ジャパン」出演陣が舞台に上がる適度な名分を与えるためではないかという推測が課せ見えない。

さらに、今回の開催地名古屋は先月、平和の少女像を「愛知ツリーエンタルレ2019」で撤去するよう要求したところである。平和の少女像が日本人の心を踏みにじることの理由である。単純民間文化交流の視線だけで判断するには冷たい視線を受けるしかない。

さらに、Mnetは、最近「プロデュースX101」最終回の文字投票はもちろん、オンライン投票などまで操作疑惑に包まれた状態である。現在も警察の調査が続くなどの疑惑が明快に解消がされなかった。あれこれだらしない中で「MAMA」の日本開催お知らせまで知らされネチズンの集中砲火を迎えるしかなくなった。K-POPは、今、世界のトレンドだ。旧車にあえて海外で開催さなければならない、アジアの授賞式と呼ぶことができるか。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2019   0 comments   0 trackback
Category :時事

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44167-7f91dc7d

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR