FC2ブログ

「アス月クロニクル」チャン・ドンゴン - ソン・ジュンギ - キム・ジウォン - キム・オクピン、異なる伝説を作った、英雄たちの運命



大詰めの幕を下ろした大韓民国最初、「太古ファンタジー」で誕生した「アスタキサンチン月クロニクル」。tvN提供

"別の伝説を作った、英雄たちの運命"

どれか新しくないことがなかった、tvN「アス月クロニクル」が18回の放送を最後に大詰めの幕を下ろした。

22日(日)放送されたtvN土日ドラマ「アス月クロニクル」(演出キム・ウォンソク/脚本キム・ヨンヒョン、パク・サンヨン/制作スタジオドラゴン、KPJ)Part3」アスタキサンチン、そのすべての伝説の序曲」18話は、ケーブル、衛星、IPTVを統合した有料のプラットフォーム世帯視聴率平均7.4%、最高8.1%記録、総合編成を含むケーブル1位を占めた。また、ターゲットの視聴率平均5.4%、最高5.9%記録、地上波を含む全チャンネル1位に上がって有終の美をおさめた。(有料プラットフォーム/全国基準/ニールセンコリア提供)

Part3」アスタキサンチン、そのすべての伝説の序曲」の最終回では、タゴン(チャン・ドンゴン)とウンソム(ソン・ジュンギ分)がそれぞれ独自の伝説を作って、異なる英雄に足を踏み出し耳目を集中させた。タゴンは太アルハ(キム・オクピン分)がブロンズの秘密を教えてくれず、権力を共有寝ても、自分の子供を持ったことに喜んでテアルエバの結婚を決めた。しかし、タゴンは密かに購入する必要が(ソン・ジュンギの方)に青銅の秘密を知っている出せ指示し、テアルするタゴンこっそりああ師事カーン(ソンスク分)を対面、フインサンの長老たちと会って計略を見た。タンヤ(キム・ジウォンの方)が何かを隠したと疑われたサヤはムベク(バクヘジュン分)にドルダムブルにあったウンソムが自分の双子と、タンヤはこれを知っていたという事実に混乱した。タンヤは「アス」の土地を網羅一つの国、アスタキサンチン月を宣言し、連盟人にこれから呼ばれる「民」という名前をかけたネトゴ、タゴンは、最初の王命でアス月に対抗するアゴ族と部族を征伐しようと命令、不満と恐怖、怒りを静める巨大な戦争を予告した。

一方、ウンソムは救い出し奴隷のうち亜族を戻しながら、か、この不思議の再臨をアリと条件をマーキング適合墓一族族長は亜族氏族庄会議を招集した。しかしテシ、ビョクシ族長が信じなかったので、ウンソムは「亜族3万熱望を受けアンジ場合あなた死んで」というイプセン(キム・ソンチョル分)の言葉で妙手を探し、帰るテシ族長に、自分がか、このシンギミョンテシ族長は死ぬだろう予測した。結局、亜族希望であるか、この履きが再臨したい望ん状態氏族は熱心に捨てたテシ族長を殺してしまい、ウンソムに自分たちを兄弟として受け入れてもらう頭を下げた。「私としたのウンソム、きらびやかなアゴ族の再臨か、この不思議!あなたのすべてを耐えるます」とミョシ、テシ亜族に持ち上げられたウンソムの姿が感動の響きをプレゼントした。これと関連し、最終回まで迫力あふれる壮大で視聴者たちの手に汗握る作った「アス月クロニクル」が残したものを探ってみる。

■主人公4人衆'名品演技」の饗宴

-チャン・ドンゴン×ソン・ジュンギ×キム・ジウォン×キム・オクピン、変身を超える圧倒的な没入感!「人生キャッシュ」更新!

「アス月クロニクル」では今まで一度も会ったことのないキャラクターを生きて呼吸した主人公4人衆の「名品熱演」が圧倒的な没入感をプレゼントした。チャン・ドンゴンは、審査トラは事実のために、多くの人を殺してながら生存するしかない、悲痛な運命を持ったタゴン役を演じ、カリスマから狂気漂う暴走まで爆発的な演技内面空白を吹きだした。デビュー以来、初めて「1人2役」に挑戦したソン・ジュンギは目から表情まで、すべてが全く異なる」両極端」性格の双子の兄弟ウンソムと買わを完璧に消化し、絶賛を受けた。キム・ジウォンは、純粋なとしたの少女で権力の実現成長、大コロという使命の中で、自らの力を育てていくタンヤの立体的な姿を繊細な感情演技で表現した。キム・オクピンは欲望と野望に恐怖がない、堂々としたテアル下自信あふれる姿を頭からつま先まで完璧に描写し、人生のキャラクター更新という好評を受けた。

■「意気投合」に輝いた!

-キム・ヨンヒョン、パク・サンヨン作家×キム・ウォンソク監督、想像を現実にしてた!

キム・ヨンヒョン、パク・サンヨン作家は「アス月クロニクル」を通じて新たなジャンルを誕生させ想像の中でのみ可能だった古代人類の世界観を作成した。「アス」という仮想の地形から深い研究に基づいて作成された仮想の歴史の中で繰り広げられる人物間の生活は、闘争、愛など普遍的なストーリーが壮大な叙事詩で繰り広げながら毎回緊張感をもたらした。また、キム・ウォンソク監督は特有の感性的な演出力で表現する、人物たちの感情線から壮大なスケールの映像美に躍動感あふれるシーンを完成した。

■大韓民国最初「太古ファンタジー」の意味

-新しい試みとして、別の可能性を夢見ることができるようした!

「アス月クロニクル」は、大韓民国ドラマ史上初の、歴史的、以前の時代である太古の話を込めながら、目で見たことのない新しい世界、特別な世界観を創造した試みだけで格別の意味を持っている。古代の自然な特徴から、当時の人類の文明の調査から出発して種と不足、都市を成して文明が作られる様子を実装し出した「太古ファンタジー」は、別の可能性に挑戦してみることができようにするきっかけになった。頭の中にあった太古、古代の姿を実感できるように表現するために、海外の多くの地域でロケーションで、大韓民国の津々浦々を見つけ通い、最先端の視覚効果を使用するなど、国内初の「太古ファンタジー」というジャンルにふさわしく心血を注いだ。

■CJ ENMの新しい試みに

-ドラマの新しい地平を開いた!

「アス月クロニクル」は、大韓民国で最初にリリースする'太古ファンタジー」という新しいジャンルにふさわしく、挑戦を恐れていないCJ ENMの斬新な試みがこれまで以上に輝いた作品である。「鬼」、「応答せよシリーズ」、「ミスターサンシャイン」など独創的な素材と新鮮な企画で大韓民国ドラマの新しい地平を開いているCJ ENMが7年前から企画して準備していた「アス月クロニクル」を発掘、仕事に完成させ、国内初の「太古ファンタジー」という底力をさらに輝かせた。

制作陣は「約9ヶ月ほどにわたる長い撮影期間にも最善の努力を惜しみなく注ぎ込ん出し作家、監督、俳優をはじめ、すべてのスタッフのおかげで、「アス月クロニクル」という良い作品が作られた。本当に感謝する」とし「また、Part1を始めた6月1日から7月7日Part2が終わり、再びPart3を開始する空白期間中にも「アス月クロニクル」を待ってくれて応援してくださった、そして最後まで視聴してくださったすべての視聴者方ももう一度感謝の挨拶を申し上げる。なにとぞ「アス月クロニクル」が視聴者の方々の心の中にどっしりとした響きを残した作品で記憶されることを望む」と述べた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44153-da4d7643

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR