FC2ブログ

「バガボンド」250億大作の品格...映画のような美チンドラマの誕生



「バガボンド」が息隙間なく吹きつける迫力あふれる展開で60分をスンサクさせホームシアターを完全に掌握した。

去る20日放送されたSBS新しいグムトドラマ「バガボンド(VAGABOND)「1回では、モロッコの行民航旅客機墜落事故で甥を失った車甘いだろう(イ・スンギの方)が遺族メンバーモロッコで引き出され、その場所で主モロッコの大使館スタッフに偽装した国家情報院ブラック要員とハリー(配水池)との最初の出会いをなす内容が盛り込まれた。次甘いだろうが、モロッコの空港から旅客機乗客で唯一の生存者であるジェローム(ユダヤオ)の顔を知っている見て、ハリーの引き止めにもかかわら、ジェロームを猛烈に追撃した後、激しい格闘を繰り広げる姿で金曜日の夜を熱くし熱した。

「バガボンド」初放送は、以前韓国ドラマでは見ることができなかった大規模なスケールで派手な見どころを絶えず広げ出してランニングタイム60分をぎゅうぎゅう満たした。誘引式監督は多彩な魅力のキャラクターを立体的に描いて大スケールの事件とチョンチョンに結びつけてストーリーに説得力を与えており、ジャンヨウンチョル・ジョンギョンスン作家も硬い筆力で民航旅客機墜落事故の後、行われる一連の過程をスピーディに展開させて運転する入力を高めた。ここでイギルボク撮影監督は、モロッコ天恵の背景をストーリーと適度編む抜群の感覚で目を楽しませた。

何よりもイ・スンギは、初回株式の大半を率い、劇全般を「ハードキャリー」する大活躍を繰り広げた。イ・スンギは、ジャッキー・チェンを夢見る熱血スタントマン次甘いだろうに完全憑依して頭にレンガを破って、素手ランブルを行い、バイクで街を疾走して、お茶を転覆させるなど、様々な高難度のスタントの実力を誇った。このだけでなく、死んだ形の息子である甥くんの生計に責任を負うツンデレ叔父に甥と鉄なしにどうのこうので笑いをプレゼントしてから、不慮の事故で突然甥を失った後どうすることができない悲しみに怒って嗚咽する極と極感情演技を切々と広げ出して適切に水分を吸い上げた演技力を見せた。圧巻は、モロッコで繰り広げたアクションシーンだった。建物の間の間をスキップし、走る車のボンネットの上に取り組み、全速力で走る車にぶら下がっ素手で窓をブッシュなど、以前の韓国ドラマでは見ることができなかった高強度アクションシーンを次々消化して空前絶後のアクション名場面を誕生させた。

配水池は、国家情報院職員の身分を隠したまま、モロッコ韓国大使館契約社員として勤務するブラック要員とハリー役で、以前に見たことはなかった新しい魅力を発散した。会議の時間に遅れておいても若々しく登場、明るく笑うなど気づいていないムチャクチャ契約社員のふりしてから会議が終わって皆が抜けていこう急変した表情で「今すぐ回収して送信します」というセリフと共にミッションを実行する、身分も停滞も隠さなければならブラック要員のジレンマ的状況を自然に表現した。配水池は、2回分から本格登場したイ・スンギと時には対立して時には空調する姿にストーリーを導い存在感をより一層刻印させる予定である。

防衛産業ジョンエンマーク社アジア担当社長ジェシカ・リー役ムン・ジョンヒは堂々としたフォースでホワイトスーツを着て登場、次世代戦闘機の説明会で流暢な英語でのプレゼンテーションで強烈なカリスマを爆発させた。特に戦闘機の契約を獲得したが、予期せぬ難航を経験すると、CIA出身ジョンエンマーク社副社長マイケルを前座らせておき、「契約を取っない場合ナナは、あなたやすべて破滅だ」と怒鳴りながら睨むシーンは息詰まる背筋が寒くなるまで者の妻、今後活躍に対する期待感を引き上げた。

一方、この日のエンディングシーンでは、モロッコの街や海辺などを縫って激しく従事したチェイスの末、茶ダルゴンイ終了容疑者を逃して崖下に落ちシーンが追加と衝撃をもたらした。次甘いだろうが辛うじて生き延びて血だらけになったまま崖を這い上がってきたし、痛みを伴う表情でしゃがんだまま、泣き叫ぶ姿で次のストーリー展開の気がかりなことを高めた。

一方、「バガボンド」の2回は21日(今日)午後10時に放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44148-f7f748a6

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR