FC2ブログ

イ・ビョンホン&チョン・ドヨン、マリー・クレールBIFF特別版カバー装飾...韓国映画100年記念


201909200523448cb.png

俳優イ・ビョンホンとチョン・ドヨンが、釜山国際映画祭公式マガジン<マリ・クレール釜山国際映画祭特別版>カバーを飾った。韓国映画100年を記念して、名実共に韓国映画を代表する二人の俳優がカバーの主人公になったもの。

、最近の映画「飛翔宣言>のキャスティングを確定して二本の映画「南山の部長たち>と<白頭山>封切りを待っているイ・ビョンホンは自分が引き受けた人物に対して、常に客観的になろうと努力して物語の本を読むようにこの文字を把握するとした作品に接する彼だけ真摯な姿勢を述べた。また、演技する時の喜びの瞬間と痛みの瞬間が集まって、自分をやる気にさせる原動力にされるとし変わらない演技に対する情熱を表わした。

一方、今年上半期に封切りした映画<誕生日>に続いて<わらもつかみたい獣>封切りを控えて俳優チョン・ドヨンは、俳優という職業について、時間が経つにつれて、愛情がますます大きくなると答えた。まだ監督と作品の影響を受けて、以前とは異なる姿を見つけたいというチョン・ドヨンは、今までしてきたことに対する評価より前にやり遂げなければすることを考えて、より多くのと言って、自分を応援しながら、良い作品を絶えずしたいと抱負を語った。

まだ演技について多く悩む俳優イ・ビョンホンとチョン・ドヨンのグラビアとインタビューの全文は「マリ・クレール釜山国際映画祭特別版>とマリ・クレールのウェブサイトで見ることができる。<マリ・クレール釜山国際映画祭の特集号>第24回釜山国際映画祭の期間に釜山の公式配布先でも会ってみることができる。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2019   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44143-add4e718

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR