FC2ブログ

「走る調査官」初めての部屋、イ・ヨウォンXチェグィファグクと極コンビ誕生



異なる性格を持つイ・ヨウォンとチェグィ化コンビを成し遂げた。

18日初放送されたOCNドラマ「走る調査官」では検査の最帰化(倍ホンテ)が事故を打っ人権増進委員会の調査官に発令された。

イ・ヨウォン(ハンユンて)は、人権増進委員会の調査官に、政治家のセクハラ事件を引き受けながら有名になった。人権増進委員会は、警察のような捜査機関でもなく、検察のように起訴をする権限もありませんイ・ヨウォンは、政治家の運転手などを懐柔し、警察の助けを借りて、政治家のセクハラ疑惑を明らかにした。

チェ帰化は純血種の拳が先に出て行く暴力検査では、このため、人権委に派遣された。イ・ヨウォンと、新たに託された事件は、企業組合内で発生した痴漢事件。珍しくもこの事件は、「警察を信じられない」としながら被害を主張する女性が人権委に最初に陳情を入れたものだった。

陳情人と被陳情人と面談する場面で調査官の哀歓が描かれた。イ・ヨウォンは可能な限り客観的な態度で二人を大した。すると二人とも不満が出てきた。陳情人はなぜ被害者である自分に証拠を要求するかと悔しさを訴えており、被陳情人は加害者扱いするのかと怒った。

これは結局、偏向調査論議で広がった。イ・ヨウォンと最帰化の考えも分かれた。チェ帰化は一貫して示す女性がより信憑性と考えた。「ふかふか事件だけ引き受け知らないやボンデ」とイ・ヨウォンを暗に無視した。人権委は、複数の状況を見て見たとき、あいまいな点があると判断して調査を終了しようとした。ところが、その瞬間陳情人が証拠があると表示されて緊張感を造成した。

どんな状況でも興奮しないで落ち着いたイ・ヨウォンとどのような状況でも興奮するチェグィ化会った。検事出身のチェ帰化は事件を被害者と加害者との視覚的に見てみる調査官であるイ・ヨウォンは、人権を侵害した者と侵害された人に分ける。これらいくつかのコンビプレーを見せるのか、また、予告したように痛快なサイダーをプレゼントすることができるか関心が集まっている。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44132-559a748f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR