FC2ブログ

「花パダン」キム・ミンジェXバクジフンX辺ウソク、初めての部屋から爆発キャラクタープレイ



「朝鮮縁談工作花パダン」初放送で俳優キム・ミンジェと変わりウソク、加水バクジフンなどが存在感を表わした。

これまで、このようなフュージョン史劇はなかった。「朝鮮縁談工作花パダン」のキム・ミンジェ、バクジフン、変ウソクなどが初放送からキャラクタープレイを見せてくれて視線を集めに力を尽くした。

JTBC新しい月火ドラマ「朝鮮縁談工作花パダン(以下花パダン)」が16日夜初放送された。「花パダン」は、朝鮮最高のタカ派あたりの花パダン王の初恋であり、朝鮮で最も卑しい女犬の糞を最も貴重な女性に作成朝鮮縁談の詐欺を描いたドラマだ。これ初放送では、タカ派あたりの花パダンを背景にマフン(キム・ミンジェ分)、犬の糞(ボールスンヨン分)、履修(ソ・ジフンの方)、ゴヨウンス(バクジフン分)、トジュン(変ウソク分)などの最初の出会いが繰り広げられた。

ドラマはマフン、ゴヨウンス、トジュンを中心に花のような社内タカ派の党という花パダンを説明し砲門を開いた。「運命の愛?」と依頼人の紙を寸断台プリントマフンの姿が笑いと好奇心を同時に刺激した中で花パダン3人を中心に雲のような人波が集まった。

20190917081506dff.jpeg

まず、花パダン末っ子ゴヨウンスは「かわいい奴」で通じた。"ものは個人より「ヴィンテージ」」を叫んで"翰林ティーが出るのに使う人によって知的に見える奇妙なものだ」と説明したゴヨウンスは多しわくちゃフクリプさえ自然に消化し、 "私の腕に保存」を叫んで流行をリードする社内タカ派であった。頭からつま先まですべてを「完売」して、社内と。

一方、トジュンは「今日だけ生きる奴」だった。美しさと風流を知る彼はオルガンを演奏して女心を持っていた通った。彼の目、手、一言で女心が揺れるであった。花パダンを探している人がトジュンを見てくるのか、婚姻出会いを依頼しに来分間が難しいほどだった。

何よりも、これら率いるマフンは「すべてを見通す男」だった。彼はあまりにも賢い触れるならない人に通じた。実際マフンは「花パダン」初放送で犬の糞をさせて代わりに仲人線を見ること作った両班家女王(イスジ分)を見抜い見洞察力を現わした。
2019091708150644e.jpeg

このように、花のパダン3人の異なるキャラクターが見どころを提供した中で、三人ともそれなりの事情があることが示唆された。特にマフンは父馬ボンドク(バクホサン分)に対立を立て、「次男も死んだわけ市なさい」と叫んで、緊張感さえ誘った。

カラフルな花パダン社内タカ派の場合にどのような事情があるか。三人物のキャラクタープレイがどのように開かれるのか成り行きが注目される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44112-ed2e7b8e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR