FC2ブログ

キム・ヒャンギ「「十八の瞬間」、新な姿お見せできて満足 "



俳優キム・ヒャンギが「十八の瞬間」で成人演技者としての成功的な歩みを終えた。

去る10日放映終了したJTBCドラマ「十八の瞬間」でキム・ヒャンギは最後まで十八青春のいきいきしてもかすかな感情を完璧に消化して有終の美をおさめた。「十八の瞬間」は、危険深く未熟な「pre-青春」の世界をそのまま覗く感性青春物でキム・ヒャンギは劇中一人立ちを夢見る優等生」ユスビン」役を引き受けた。

最終回の放送では、それぞれの夢や人生に向かっていく青春の姿が描かれた。ジュンウ(翁声優分)は、生活が難しくなった母親を助けるために離れるとなり、スビンは、このようなジュンウを理解して送ってくれるしかなかった。おしっこカップルは仕方ない状況に別れを迎えたが、この別れは永遠ではないジュンウの言葉のように美しい十八の思い出を後にして、未来を約束した。退学をしたフィヨウン([Ayano Ha分)も過去の自分を反省して、新しい生活を生きていく姿が描かれて十八青春のきらびやかたページが終わった。

毎回安定した演技力とどっしりとした存在感で劇を導いたキム・ヒャンギは最終回まで、多彩な感情のスペクトルを披露し、完成度を高めた。青春の純粋でいきいきとした、素直で、様々な感情が重要に描かれた感性の青春物だけ内面の演技力を持ったキム・ヒャンギのキャスティングが神なことだった評価だ。特に今年二十歳を迎えたキム・ヒャンギは「十八の瞬間」を介して成熟した演技と独特の可愛らしい魅力でロマンスまで消化、風変わりな姿を惜しみなく見せてくれた。瓮城へのぎくしゃくしケミはもちろんスビンの母親役を演じたキム・ソニョンとのジョルジョルハムいっぱいケミも視聴者たちの共感を引き出して共感妖精としての役割も正確にやり遂げた。放映終了を迎えたキム・ヒャンギは「ドラマを愛してくださった視聴者の方々に感謝いたします。久しぶりにドラマだった、あまりにも幸せな環境で撮影し、良い思い出もたくさん作ったようです。新しい姿、新しいキャラクターをお見せしたよう最後の撮影まで満足に終わるすることができました。ありがとうございました。」と所感を伝えた。

久しぶりのブラウン管復帰にもかかわらず「十八の瞬間」で連日話題に上がったキム・ヒャンギ。青春水はもちろん、ロマンスのジャンルまで渉猟し、大人の演技者としての演技人生2幕気持ちよく仕上げたキム・ヒャンギの歩みへの期待がこれまで以上に熱い。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44075-443492e9

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR