FC2ブログ

イム・シワン、2019単独ファンミーティングソンリョ‥多彩な魅力にタイト満たした舞台



去る9月8日イエス24ライブホールで開催された「2019イム・シワンファンミーティング〜Close to You:近い〜」がファンの劣化のような声援の中ソンリョた。

イム・シワンは今回のファンミーティングで俳優と歌手、万能エンターテイナーとしての面目を正確に示し、多彩な魅力に舞台を満たしていった。約4年ぶりに開催されるようにMCパク・チソンと一緒にファンに直接質問を受け、これまで気にしていたものをすべて解決することができる充実率直淡泊な内容のトークコーナーが用意されてファンをときめくようにした。

20190909180543e2d.jpeg
20190909180543b80.jpeg

誰もが気にしていたイム・シワンの日常と、今まで一緒にした作品の物語そして「ビューに快適な俳優になりたい」た今後の風まで、イム・シワンとファンがさらに近づくことができる意味のある時間でいっぱいだった。「ユンジョンオ役を通じて、繊細な演技で絶賛されているOCN「他人は地獄だ」のシーンを演じるのはもちろんのこと、多くの愛を受けたグラビアの中にポーズまで再現するなど、MCの即興的な要請にも積極的に応じて魅力を発散という裏話だ。

今回のファンミーティングではファンのための曲「カチカチ」の初ライブが公開されてより一層意味が深かった。ドラマ「微生物」のOST「それでもので」、「王は愛する」のOST「私の心は、「のような切ない感性がぷんぷん感じられるバラードでファンたちの感性を潤す浸すた。また、皆を驚かせたびっくり舞台ZE:Aダンスメドレーの中派手なパフォーマンスと流麗な舞台マナーが加わり、ファンの目と耳をひきつけた。ここで止まらず、現場のイベントに参加したファンに電話をかけ歌を歌ってくれる特急イベントまで広がってファンたちを熱狂させた。

イム・シワンは「忙しいスケジュールの中でも良い姿で皆さんに会うために一生懸命準備した。私もやはりとても楽しくて幸せな時間だったし、これからもファンの方々と楽しい時間を頻繁に持つことができるように努力する」とファンミーティングを終えた所感を伝えた。

一方、イム・シワンはOCNシネマティックドラマ「他人は地獄だ」以降、映画「1947ボストン」の撮影を継続する予定である。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2019   0 comments   0 trackback
Category :ファンミーティング

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44064-682cd1dd

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR