FC2ブログ

遠征賭博・性接待疑惑」ヤン・ヒョンソク徹夜調査... 容疑概ね否定



「事実関係について詳しく説明した"... 勝利12時間・ヤン・ヒョンソク23時間、高強度の調査

29日、警察出席当時のヤン・ヒョンソク

海外遠征賭博をして、外国人投資家に売春を斡旋した疑いを受けてヤン・ヒョンソク(50)前YGエンターテイメント代表プロデューサーが警察に出席して「徹夜調査」を受けた。

ソウル地方警察庁知能犯罪捜査隊は前日の午前9時51分頃、両元代表を被疑者の身分で召喚して調査した後、30日午前8時30分頃に戻った。

約23時間の調査を終えて出てきた両元代表は取材陣の前で「警察の調査に誠実に臨んだ」とし「事実関係について詳しく説明しささげた」と述べた。

彼は「常習賭博・為替差益容疑否認したのか」という質問にも「警察の調査で誠実回答した」と答えた。

続いて「ギャンブル資金どう調達したのか」、「性売買斡旋容疑まだ否定するか」、「現在の心境はどう」、「国民にした言葉くれ」などの質問には答えていないまま、用意された車に乗って去った。

両元代表は、米国ラスベガスのホテルのカジノを出入りしてギャンブルをして、アメリカでドルを借り、国内でウォンに返済いわゆる「為替差益」手法でギャンブル資金を調達した疑い(常習賭博・外国為替取引法違反)を受ける。

両元代表は、6月26日、売春斡旋疑惑と関連し、ソウル地方警察庁広域捜査隊の参考人の身分で出席し、9時間ほど調査を受けたが、被疑者の身分で出席したのは今回が初めてだ。

警察が遠征賭博疑惑だけでなく、性接待疑惑まで一緒に調査し、両元代表が容疑を概ね否定しながら照射時間が長くなったと伝えられた。ソウル庁広域捜査隊は、指数のとおり刑事を送り、売春斡旋などの疑いについて集中的にケムルは分かった。

グループビッグバンの前メンバーのVI(本名イ・スンヒョン・29)の量前代表のような常習賭博・外国為替取引法違反の疑いで立件された状態だ。

VIは28日、ソウル庁知能犯罪捜査隊に被疑者の身分で出席して12時間20分ほどの調査を受けて、午後10時20分頃帰宅した。

警察の調査でのVIは、容疑の一部を認めたことが分かった。

両元代表とVIが海外でギャンブル資金で書いた金額は、それぞれ約10億ウォンと20億ウォンに達するものと伝えられた。

いわゆるクラブ」バーニングサン事態」が浮上した後、VIの前所属事務所であるYGエンターテイメントは脱税と所属歌手麻薬捜査拡散など、様々な疑惑が浮上しされ論議の中心に立った。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43979-d268b566

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR