FC2ブログ

殺害脅迫防弾少年団→ボンドテロ東方神起、写生ファンままノウハウ



殺害脅迫からボンドテロまで、生命を脅かす写生、アンチファンの行動が視聴者の怒りを買った。

8月28日放送されたMnet「TMIニュース」では写生、アンチファンの悪行に苦しむアイドルの姿が入れられた。

グループは、このピンクのメンバーオ・ハヨンとグループビクトンメンバーチェビョンチャンがインターン記者に出演してリアルな体験談を打ち明けた。

MC前玄武は死生ファンのために苦しむアイドルを紹介した。グループのガールフレンドは、違法カメラのために困惑を行った。チェビョンチャンは「カメラが本当に24時間に従ってつく。休む時も楽に休まない」と吐露した。オ・ハヨンは「下から撮る方のきわどいカメラ角度のために苦労したことがある」と付け加えて一座のアンスロウムをかもし出した。

201908290838335bd.jpeg

グループ防弾少年団は、グローバルに動き回る生ファンのために接触事故までした。玄武は防弾少年団が台湾で生ファンが乗っていたタクシーと接触事故が起きたのはもちろんのこと、インドの四理事ジャングルでプログラムを撮影していたの船に乗って追ってくる生ファンと会ったこともあると伝えた。番組に出演した記者は「アイドルの飛行機人2万ウォン、飛行機の座席は3万ウォンだけくれれば知ることができる。情報を取引するSNSが存在する」と明らかにし、視聴者に大きな衝撃をもたらした。

生ファンのために苦しむアイドル1位はエキソが占めた。エキソはトイレまで追って来る写真を撮る生ファンのために、メンバーが互いに順番歩哨を立った、ペッキョン実兄の結婚式も写生ファンの撮影のために順調でなく進行されたことが分かった。だけでなく、チャニョルは、個人作業室に侵入する生ファンのための脅威まで感じた。私生活まで侵害する写生ファンの行動が視聴者の怒りをもたらした。

アンチファンの蛮行も出演陣はもちろん、視聴者まで怒らせた。防弾少年団のメンバージミンは銃撃脅迫を受けた。2017年には、2018年の二度銃撃脅迫を受けたジミンはかえって心配するファンの考えている姿を見せて、視聴者の切なさを一身に受けた。

オ・ハヨンは2017年殺害脅迫を受けた当時を回想した。オ・ハヨンは「当時、誰かが私害するような感じがした。音楽放送、イベントでも殺害脅迫がない切れた。音楽放送では制作スタッフ、出演者の両方所持品検査をした。私達はずっと申し訳ありませんし、するしかなかった」と吐露した。

20190829083833c50.jpeg

アンチファンのために苦しむアイドル1位は東方神起ユノだった。ユンホは、2009年にしたアンチファンからボンドが入った飲み物を受け取った後、飲んで応急室に運ば行った。当時、ユンホは「加害者の年齢は、私の妹の年齢と同じである。善処をお願いする」と述べた。続いて飲料トラウマを克服するために、10個を相次いで飲むなどの努力をしてきたことが知られている視聴者をさらに残念だった。

殺害脅迫からボンドテロまでもを行き来する生ファン、アンチファンの行動は、視聴者の眉をひそめさせた。「TMIニュース」は愛という名で悪行を隠した写生ファン、アンチファンの行動に一石を加えながらさらに意味のある芸能プログラムに成長した。(写真= Mnet「TMIニュース」キャプチャ)
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2019   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43966-a60d09fb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR