FC2ブログ

「三ジェルイェ」キム・ヘスク、喀血→肺がん末期... 知らない娘vs心痛ママ



「世界で一番きれいな私の娘」キム・ヘスクが肺がん末期3ヶ月期限付き判定を受けた。自分が死んだ後には気にしながら、娘たちを呼び集めたが、肝心の話をすることはできなかった。これを知らない娘は母親との葛藤した。

25日放送されたKBS2週末ドラマ「世界で一番きれいな私の娘」(脚本調整線、演出キム・ジョンチャン)は、肺がん末期宣告を受けたバクソンジャ(キム・ヘスク)と葛藤を仕込むガンミソン(有線)、ガンミヒェ(ギムハギョン)などの姿が描かれた。

喀血をしながら、体に異常があることを感じたバクソンジャは早朝から病院を訪れた。複数の検査を終えた後、医師は、保護者がいないか尋ねた。保護者がないとすると、医師は、次に、保護者のように来るようにした。しかしバクソンジャはあくまで保護者いなくてもなるので、自分に検査結果を教えてもらった。

検査の結果は衝撃的だった。肺がん末期であったこと。衝撃を受けたバクソンジャは「私死ぬのか」と尋ね、医師は「最近は、がんといっても直さないではない。ところが、患者さんの場合には、多くの遅かった。この程度の状態なら異常を感じたのに、なぜ今になって来たのか」とし「長く、3ヶ月程度だ」と述べた。

衝撃的な検査結果にバクソンジャは精神が出た。一人川に座って途方に暮れたように独り言をした。家に帰っては精一杯鋭敏になっていた。カン・ミン慧可残っ皿洗いを見化を生じると、お姉さんたちに手を広げうとするのがないかと小言を浴びせた。ためガンミンヒェと葛藤の溝が深まった。

20190826081338894.jpeg

娘たちに肺がん末期と言わないうちバクソンジャの心痛はもっとひどくなった。そんな中バクソンジャはカレンダーを見たら、「キムチもないだろうね」とし、すぐにキムチ準備をした。

なんと100放棄キムチを用意し、娘たちをすべて召集した。ガンミリ(キム・ソヨン)、ハンテ州(ホン・ジョンヒョン)は、嬉しい気持ちにかかってきたが、ガンミソンはそうしなかった。ガンミヒェもガンミソンと大きく変わらなかった。しかしバクソンジャはキムチをする娘たちとの義理を見てキュンとなりこっそり涙を盗んだ。

キムチを終えたガンミソンはバクソンジャにうんち挙げた。バクソンジャは自分の状態を話すこともできないの娘に空しだけ感じるだけだった。ガンミソンはお母さんに精一杯うんちダン後、家に行って、一人部屋に入ったバクソンジャは息を殺して嗚咽した。

20190826081338c99.jpeg

一方、ガンミリとハンテ与える再び家に戻ることにした。前ガンミリはハンジョンス(東方右)に自分とハンテ州、ジョンインスク(チェ・ミョンギル)に謝罪するよう要求してこれと共にハンテ週を副会長に上げて、自分にアパレルの代表の座を与えることを要求した。

ハンジョンスはガンミリの要求が呆れたように首の後ろを得たが、孫がいるので、どうしよ部屋がなかった。ナヒェミ(ガンスンヨン)が束化を出したが、ハンジョンスは二人に家に帰って来るようにしながら、白旗投降を叫んだ。/elnino8919@osen.co.kr
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2019   0 comments   0 trackback
Category :世界で一番きれいな私の娘

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43940-445e013c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR