FC2ブログ

「十八の瞬間」、キム・ヒャンギ、感性演技で好演...キム・ヒャンギ表青春水完成



'十八の瞬間」、キム・ヒャンギが青春感性を完全に表現する、キム・ヒャンギ表青春水を披露している。

去る19日放送されたJTBC月火ドラマ「十八の瞬間」9回でキム・ヒャンギはディテールを生かした感性演技で劇の完成度を高めた。「十八の瞬間」は、危険深く未熟なPre-青春の世界をそのまま覗く感性青春水で、キム・ヒャンギは劇中一人立ちを夢見る優等生ユスビン役を引き受けた。

スビンはジュンウ(翁声優分)の勧めで映画館デートをすることになったが、映画の上映中にフィヨウン([Ayano Ha分)が送信文字を確認しては混乱した。ジュンウはフィヨウンに「お前に一番大事なユスビンを奪ってやる」というメッセージを送った。スビンはジュンウの心が事実なのかを見て、真実かどうかを問わず、ジュンウを心から好きだっただけに傷を受けた。

一方、ロミ(ハンソンミン分)は、自分がスビンにジュンウを好きだと告白したにもかかわらず、スビンとジュンウがデートをしたという事実に怒ってスビンを困難にした。誰かに会うのが負担になったと自分の心を隠すスビンと、英文を知らないまま胸焼けをするジュンウは切なさを催した。

放送末尾、フィヨウンと一緒に家にいたスビンはジュンウとぶつかっジュンウは誤解があるようだスビンを防いた。これスビンはフィヨウンが送信文字をジュンウに見せた。文字を確認し、「これを信じた?私より?」と言って悲しい表情で背を向けたジュンウと慌てフィヨウン、ジュンウに申し訳ない思いを感じるスビンの姿が描かれ、今後の展開に関心を加えた。

特にキム・ヒャンギはスビンが感じる感情を多彩に表現している。友人との間の友情、いきいきとした初恋、両親との葛藤など青春が感じることができる未熟ながらも率直な感情のディテールを生かして視聴者たちの共感を導いた。安定した感情演技はもちろん深いキャラクター理解とキム・ヒャンギ特有のスポーティで暖かい雰囲気が出会い、キム・ヒャンギ表感性青春水を作り出しているという評価だ。回を重ねるごとにスビンをめぐるさまざまな状況が広がる中で、キム・ヒャンギが披露多彩な感情スペクトルへの期待が熱い.JTBCドラマ「十八の瞬間」は、毎週月曜日、火曜日の夜9時30分に放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43891-fce89ade

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR