FC2ブログ

「朝鮮生存期」カン・ジファン歴代級迷惑、主演の交換→0%台早期放映終了



主演の交換に早期放映終了までに、作品を仕上げたのが使用ほどだ。

TV朝鮮週末ドラマ「朝鮮生存期」(脚本バクミンオ/演出チャン・ヨンウ)は、8月17日16回を最後に放映終了する。

「朝鮮生存期」は、運命のいたずらでトラック目朝鮮に落ちた元アーチェリー選手限定ロックと顔天才遊び人林巨正がお互いの人生と世界を変化させる時空超越ファンタジー活劇。主人公限定ロック役を演じた俳優カン・ジファンが20回まで「朝鮮生存期」を導く予定だった。

しかし、「朝鮮の生存期」は10回まで放映された時点で放送中断を合わせた。カン・ジファンが去る7月9日午後性暴行犯罪の処罰などに関する特例法上の準強姦容疑で、京畿道広州市オポウプ自宅で緊急逮捕されたため。カン・ジファンは、外周スタッフ二人の自宅で酒を飲んだ後、これら寝ている部屋に入って一人を性暴行、もう1人をセクハラした疑いを受けている。

逮捕当時容疑を否認していたカン・ジファンは拘束後の最初の調査で犯行を認め、7月18日、水原地検城南支庁に拘束送致された。所属事務所ファイアブラザーズもカン・ジファンとの専属契約を解約した。9月初公判を控えたカン・ジファンは、法務法人広場所属弁護士4人を選任したことが分かった。

青天の霹靂を右のは「朝鮮生存期」だ。カン・ジファンが引き受けた役割は、作品の中で最も大きな割合を占めているキャラクター。これまでいくつかの俳優たちが作品の放映中の事件事故に巻き込まれたが、最も大きな割合を持った俳優が緊急逮捕されたのは異例のことであった。

主人公のカン・ジファンが下車し、「朝鮮の生存期」側休止さを決定し、VODサービスも停止した。これドラマが早期放映終了することがないかという推測も出てきた「朝鮮生存期」側は「配役交換のために、現在の俳優を物色中で、円滑な放送再開のために最善を尽くしている」とし「多くの視聴者の皆さんに申し訳ないという言葉伝え申し上げ、早期に正常化された放送でお伺いする」と立場を明らかにした。

結局、俳優ソ・ジソクがカン・ジファンの場所を取ることを決定した「朝鮮生存期」は、2週間ぶりにようやく放送を再開した。また、20回製作される予定だった「朝鮮生存期」は、4回を縮小した16回の早期放映終了になった。

11回から登場したソ・ジソクは緊急投入されたにもかかわらず、限定ロックで安定した演技力を披露した。しかし、放送中止の余波なのか視聴率はますます墜落し、14回と15回は0%台の視聴率を記録した。(ニールセンコリア全国有料放送世帯基準)は、特に15回が記録した0.921%は、「朝鮮の生存期」の独自の最低視聴率である。

6月に行われた「朝鮮生存期」の制作発表会で、カン・ジファンは「前作の視聴率が低いため、より熱心に撮影している。「ミストラウト」には、匹敵ことはできないだろうが、ドラマ部門では「仕事を一度う!」という意志で撮影中だ」と格別な覚悟を明らかにした。結局、彼は別の意味で「仕事」を出してしまったし、歴代級迷惑主演「修飾語を得た。ハード作品を作ってきた製作陣と同僚俳優たちが残念である。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2019   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43869-5226da27

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR