FC2ブログ

遊びは短く面倒は長い "... 「リトル・フォレスト」、現実育児開始



「リトル・フォレスト」バクナレ、イ・スンギ、イ・ソジン、チョン・ソミンが本格的な現実育児に慌てた。

去る13日放送されたSBS芸能プログラム「リトル・フォレスト」ではヘルパー4人の1日目が描かれた。メインシェフイ・ソジンは子供のための昼食の調理を開始した。イ・ソジンは子供のために野菜を細かく固め」だジニー」になり、料理中にも子供を取りまとめる繊細な姿を見せた。

昼食が準備される間、イ・スンギとバクナレは子供を連れて動物農場に向かった。陽気子供とは異なり、鶏恐怖症があるバクナレは恐れて仕方を知らないした。これイ・スンギは、「私はどのように5人をすべてケアのか」と心配しながらも子供たちに卵を触れることができるようしてくれて、ウサギを見せてくれて子供たちとすぐに近づいた。そんな中チェユジンは卵を落とした。壊れた卵に「どうしよう」と涙声で話しだったし、イ・スンギはそわそわし、氷になった。また、イ・スンギがちょっと息を回す間鶏やウサギが出た。イヒョンがはウサギに長豊を撮影阪この牛乳が食べたいと話しているなど、精神のない状況が続くとバクナレは「役立つ初心者申し訳ない」と話して笑いを抱かれた。

一方、イ・ソジンを助け料理をしていたチョン・ソミンは「育児固守」容貌とは違い、料理には自信のない姿を見せた。情熱いっぱいの姿で料理を楽しみが誘導もよくないオン姿にイソジンは「お前は無知だ」と指摘した。卵局をしようとチョン・ソミンは茶碗蒸しを作ってしまった。イ・ソジンは子供たちが遊んでいる農場を眺め拡声器でバクナレを見つける子供の日焼け止めを塗ってと線ブロックを渡した。バクナレが宿泊施設までの長い道のりを行って来るリトルこれら鶏の餌をトキジャンにオプヌン事故を打った。これイ・スンギは、ほうきとちりとりを訪れ、バクナレは再びオルネリミョ息をついた。イ・スンギは、リトルこれらに線ブロックをなじませたが、意図せず卵メイクになった。白くなった子供たちの顔に、最終的にバクナレが出て線ブロックを塗ってくれた。続いて二人は動物農場をチオミョ苦労した。

20190814103122157.jpeg

イ・ソジンは子供のためのオムライスを作ることにした。しかし、イ・ハンがは「私オムライス嫌いんです」と言ってイ・ソジンを当惑させた。バクナレは「今まで食べたオムライスとは異なる場合があります。阪がが食べて味なければ食べてみましょう」と熱心に説得して阪この約束を受けた。イ・ソジンは一ヶ月間練習した竜巻オムライスを披露した。一度に完成やり遂げた竜巻オムライスにイソジンの手作りケチャップは子供の味覚を捕らえた。子供たちがおいしく食べる姿にイ・ソジンは満たさ窪み笑顔を浮かべた。リトルのご飯を食べながら、お腹がすいてたイ・スンギとチョン・ソミンは、子供たちが落とした食べ物を食べた。ご飯を食べる前のミルクを3つも食べた川がしたが、「いっぱいだ」とご飯をたくさん食べず、国を服に流した。イ・スンギは、川がしたの着替え着せトイレも解決し、予測不可能昼休みを過ごした。

リトルこれらご飯を多食べよう大人たちは残したご飯をあたふた食べた。イ・スンギは、急いでご飯を食べたバクナレと交互に食卓に座った。その間ブルックとグレースは、「チカチカ」を望んで、強制的に食事が終了したイ・ソジンは双子を連れて目の高さを合わせて直接うがいをさせた。チョン・ソミンは「ご飯がどこに入るか分からない」とぐんぐん口数が減った姿を見せた。イ・スンギは、「遊んでくれるだけと思った食べさせてあげぬぐうこと考えもできなかった。ケアは実質他のことである。演劇は短く面倒は長い」と吐露した。

一方、子供たちは部屋でビーズのおもちゃになった。ビーズの無限繰り返しにコンディション極上リトルこれらとは異なり、大人は急速に疲れた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2019   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43853-b2812c12

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR