FC2ブログ

イムユンア「30歳されていっそうより楽になった。妖精イミジンない破り波 "



イムユンアが30代の進出後、「接続」が変わったと打ち明けた。

少女時代のメンバーで俳優のイムユンア(ユナ)は、最新ニュースエンとのインタビューで演技に対する真摯な姿勢や考え方などを伝えた。

現在少女時代の活動をしばらく休んで演技活動にだけ邁進しているイムユンアは「演技をより余裕をもって準備する時間があったりする。大きな違いはなかった。終わって休みが違う感じだ。終わってから、もう少し余裕を持って休む感じだ」とし、 "歌手活動と演技活動を併行する時、すぐアルバム準備をして授賞式や、このようなイベントにも参加する必要がして振り付けの練習をしてそのような部分が多かった。そんな違いがあり、また、メンバーがないという違いがある」と変わった点にについて言及した。

映画「共助」からJTBC芸能「ヒョリはい民宿」、そしてエグジット」までイムユンアは公開されるたびに、いつも少女時代活動する時とは異なる新たな魅力を大衆に披露好感度を高めている。イムユンアは「新しい姿と話たくさんいただき、その瞬間から悩みになる始めた私を見たとき、その中に自分の姿があるようだ」と、自分の考えを明らかにした。

イムユンアは「「ヒョリ四民宿」は、私が仕事を熱心にしたのはありますが、私の姿をほぼすべて見せてくれた感じだ。「共助」も、私の中にある明るい姿は、同様の部分が多く出てきた、周囲の人々は「ヒョリ四民宿」も「共助」も「あなただけのオリジナル君の姿のまま出てきた」と話してたよ」とし「むしろそのような姿が新しいと言ってくれる方がより新しかった。私どう考えている本当の私の姿を見て、新しい姿と希望かなと思いがしたよ。デビューしてから多くの変わっ成熟行ってそのような姿があったりするが、最近一段階成熟するようにされたそのような面を見せ機会もなかったし、そうしてみる前の画像で考えてくださる方がたくさんいるような気がした」と打ち明けた。

201908141024068f1.jpeg

続いてイムユンアは「それ以来からは、多くの方々が、元の好きくださっユナの画像は、そのような役割をたくさんするのがいいのかな、それとも私ぴったりコトヒョソ「ああこんな一度してみたい」このような姿を見せするのがいいかな。そんな悩みをそういえばた」とし「結局、私やってみたいことすることもっと傾けそのような選択をしていきているが、それをまた良く見ていただいて、抵抗感聞いていアンウシヌンよういい」と話した。

18歳若い年齢でデビューし、10代、20代、30代の芸能界の両方で送信イムユンアはいつのまにか30歳になった。イムユンアは30代に入った後、最も変わったのが「結」とした。イムユンアは「どうやって表現しなければか分からないが、私の心をよく表現してくれ」と取材陣に頼んし気がかりなことを増幅させた。イムユンアは「そのような意味ではないが、もう少し余裕ができたようだ。30歳になってから、私はあまりにも些細な巨大一つ一つを気にする方だったよりそのような部分における心をゆったりと、広く見てみようという視野が生じた」とし「そうしたら心もいっそうより楽になったようだ」と告白した。それとともにイムユンアは自分は年齢を大きく認識して住んでいないと強調した。イムユンアは「その時その時ごとにすべての良いようだ。デビューする時はまたデビューする時時期が良かったが、今はもう、今、このような余裕を感じることができる時期が良いようだ」と前向きな姿勢を示した。

それとともにイムユンアは余裕を持たないまま、すべてのことをよくしようとだけ行われている少女時代イムユンアを思い出した。

「すべてをとてもよくたかった。性向的な部分もあったりするだろうが、今はそのような部分にあり、適当にするというのではなく、可能性がありませ」という考えを、より試みる方である。ファンも同じ道を歩いていく方だ。そうにファンも考えをしてくれて私もそのような部分も余裕うと変わるものだ。」

しかし、イムユンアは少女時代のデビュー当時から持っていた「妖精のイメージ」だけは永遠に所有したい願望を表わした。イムユンアは「特に妖精のイメージを壊したくない。すべてが良い話ではないか」とし「その姿も私が持っている姿ではないかと思う。だからといって私の妖精というのではなくそういうことも私あったのでそのように見てもらえなかったようだ。今はいるだろうが少し接続が変わる程度だろう」今ならそう」と感じ勝っても結果が変わるわけではない」と説明した。

201908141024063aa.jpeg

いつのまにか年齢30歳、デビュー12年目になったイムユンアは「エグジット」をきっかけに、忠武路(チュンムロ)主演俳優として新しい跳躍に乗り出した。イムユンアは「歌手の経験は多かったが、それに比べて演技経験は少なかった。だから、まだお見せできなかったのが多い。煙12年目よりはまだ学んでいる映画では、さらに新人の心である。また、それは本当でもある。多くの方々が12年目の少女時代を見てきたので、演技でも均等に眺める部分があるようだ。ところで私は12年の間に多くの作品をなかったと言うと思うので、まだ演技者として見せしなければする姿が多い」と謙虚な態度を見せた。

今後イムユンアが示すキャラクターは無限である。イムユンアはファンと同じように、自分も「金持ちの娘の「役割を本当に務めたいと述べた。これまで、様々なキャラクターを演じたが、頭からつま先まできれいに飾り、登場する金持ちの娘の役割を作品に一度もやったことがない。イムユンアは「ムォマンたと完勝することができることをしてたくはない。常にその状況に合わせて適切に飾ってくることができる作品をしたい」と大きな目を点滅てイムユンアの新しい変身に対する期待感を高めた。

一方、去る7月31日に公開して絶賛上映中のコックピットイムユンア主演の「エグジット」は青年失業者ヨンナム(コックピット)と大学サークルの後輩の注意(イムユンア)が原因不明有毒ガスで覆われた都心を脱出しなければなら緊急事態を描いた災害脱出アクション映画だ。(写真= SMエンターテイメント提供)
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43852-c457e812

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR