FC2ブログ

「良い経験だった」... 「棒桐戦闘」の日俳優たち...



▲ソース|映画「棒桐戦闘」に出演した日本の俳優池内博之SNS写真

映画'ボン桐戦闘」(監督ウォンシンヨン)がボックスオフィスで宣伝している。去る7日に公開された後、「エグジット」と夏の両輪がを主導している。

映画「棒桐戦闘」は、1920年6月には、死の谷で、日本の正規軍を誘引して、最初の勝利を成し遂げた独立軍の戦闘を描いた作品である。洪範図将軍の勝利として知られている棒桐戦闘が、その場所で命をかけて国を守った名前のない独立軍の活躍を熱く描いた。最近、日本の経済報復措置の後、日本に対する反感が高い中で出てきた抗日映画でも注目されている。

このうち「棒桐戦闘」に出演した日本人俳優たちも自然に注目されている。3人の俳優が比重ある役割で登場する。月にイチオシギョクデ大腸安川地駅の北村一樹は「猫サムライ」で韓国でもよく知られている日本国民俳優だ。「イップ・マン」、「マン・ハント」などに出演してきた他の日本演技派俳優池内博之は月にイチオシギョクデ中尉草なぎを延期した。ダイコーコータローは独立軍の捕虜になった幼い日本軍由紀夫に扮した。新海誠監督のアニメ「天気の子供」で声の演技を広げて魅力を発散した主人公だ。

これら残酷かつ不謹慎な日本軍、上官の命令に従う愚直な日本軍、日本の蛮行が恥ずかしいここ日本軍の姿を描いて「棒桐戦闘」の主題意識を鮮明に表わす。当時日本軍の姿を実感できるように描き出して劇の緊張感も加えてくれ。政治状況、日本国内の右翼の反応などを憂慮すべき状況なのに、俳優として依然として抗日映画に参加してくれた俳優たちの選択に舌を巻く観客も相当である。ウォンシンヨン監督も映画を映画で見て喜んで出演を決めた人に感謝の意を伝えた。
201908100755257a4.jpeg

▲ソース|映画「棒桐戦闘」に出演した日本の俳優池内博之SNS写真
このうち池内博之は「棒桐戦闘」封切り所感を自分のSNSを介して明らかにした。「棒桐戦闘」の撮影現場で同僚と撮った写真も一緒に公開した。

池内博之は"韓国映画「棒桐戦闘」8月7日に公開しました。約半年程度かかっていた撮影でした」とし「韓国の作品に参加したのは初めてだったが、本当に良い経験になりました。俳優-スタッフの皆さん、本当に最高でした。ありがとう!」と書いた。

激昂した感情を前面に出して日本といえば無条件サンシムジをつけたり、日本の出身の歌手、グループ、メンバーの活動にチャギョクがあるほど激昂した雰囲気の中にイケメン誘致博之の担当しても暖かいの感想がより際立って迫ってくる。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2019   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43834-4fd74efe

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR