FC2ブログ

最悪韓日関係が、それでも「文化は触れてみましょう」の動き



日本最大の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」に出品された「平和の少女像」の展示が中断された。韓日文化交流にも異常が生じることはないかという危機感が漂っている。

Kポップを中心とした日本国内の韓流は、まだ悪影響が及ばないが、状況はいつ急変するかもしれない。特に国内で日本製品不買運動に続き、日本の文化商品にも拒否反応が出てくるしかない現実である。

日本のバンド「セカイノ尾張」は、11月2日午後6時オリンピック公園オリンピックホールで公演する。2017年単独来韓公演が完売されているなど、韓国で相当なファン層を保有している。人間の本性をいくつか挙げて上のメッセージは、投げるバンドうえ、親しい性向のバンドなので、まだ大きな抵抗感はない。

8月31日午後5時、芸術の殿堂コンサートホールで開かれる「ボサノバ、アニメに会う」に出演予定の日本のボサノバデュオ「ナオミ・高炉」も国内で好感度が高く以上兆しはない。

問題は、どこでどのように爆発するかわからない、いくつかの公共の突発行動である。先月芸術の殿堂で、日本のバンドが演奏した客席から舞台に向かって日本人卑下発言をしたという説が広がった。公演企画会社は、客席ではなく、舞台裏の公演を製作したので、事態を把握していなかった。問題の場面が盛られた映像もない。幸いなことに公演は無事終わった。

しかし、このような説が広がるだけでも、日本のアーティストの国内公演は萎縮することができる。文化まで敵視する動きを警戒しなければならないという声が高まる理由だ。

201908050810161df.jpeg

セカイノ尾張
グループ「アップデートワイス」「アイズ・ワン」に含まれている日本人のメンバーに関わる悪質な書き込みを日常的に行うことも常識外という点を明確にしなければならないという指摘だ。最近、韓国でデビューするという理由だけで、日本の歌手ルーの中の記事には、無謀なコメントが走った。

韓流の関係者は、「Kポップアイドルが日本ではまだ活発に活動するが、それらについて、現地で人身攻撃発言をすると、私たち国民の心がどうだろうか」とし「日本の一部の政治扇動に感情に流さプリプロセッサより冷静で合理的に判断していきたいという気持ち」と指摘した。

公演界は国民感情を送ることずている。安重根義士の義挙を扱ったミュージカルで、芸術の殿堂オペラ劇場で10周年アンコール公演中の「英雄」が表示だ。今年の初めから、早目に予告された公演である。しかし、時期が重なり、反日マーケティングも可能だった。それにもしていた通りの公演の完成度だけ充実している。

世宗文化会館が9月大劇場で披露予定ソウル芸術団統合創作音楽劇「劇場前独立軍」も民族主義をアプセオギより人間の生活に注目する。韓国の独立軍連合部隊が大きく勝利した棒桐戦闘を導いた洪範図(1868〜1943)将軍などを扱った作品である。

韓日は、政治的にだけでなく、文化的にも複雑に絡み合っている。「安倍スキャンダル」を連想させる社会批判的内容を扱った日本映画「新聞記者」が現地で注目されており、この映画の主演である韓国俳優シム・ウンギョンの演技力も現地で好評を聞いている。

20190805081016a39.jpeg

シム・ウンギョン主演の日本映画「新聞記者」
ジョナムジュ作家の'82年生まれキム・ジヨン」は、まだ、日本書店で人気を博している。ジョーの作家は、今月末に日本で現地で翻訳、読者と対話する場も予定している。

日本で主に活動している古典的な音楽界の関係者は「韓日の間に政治的に敏感な事案がニュースに出てくる日本の演奏者たちが分かって行こうとたりする」とし「多くの配慮をしてくれて、全然ぎこちなく扱わない。音楽的に交流をしているという信念を持っている」と述べた。

今回の愛知トリエンナーレで少女像の展示を中止したことと関連し、批判的な記事を出している日本のメディアも多い。

日本をよくある歌謡界関係者は"文化が感情的なものに訴える分野が、最近の韓日関係では、異性を持って接する必要がある」とし「最悪の日韓関係を和解させてくれる暗黙的な足場になって与えることが文化だ。大人は政治的に対立するが、若者たちは両国の文化に親近感が相当である。文化は韓日未来の架け橋」と指摘した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2019   0 comments   0 trackback
Category :時事

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43799-9a1a8c1c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR