FC2ブログ

より水分を吸い上げた美貌 "..スジ、「バガボンド」→「白頭山」につながるストリングの歩み



歌手兼俳優スジが2019年の後半にも列を指定歩みを続けていく。

スジは、5月に撮影を終えたSBS新しいグムトドラマ「バガボンド」(脚本ジャンヨウンチョルジョンギョンスン、演出誘引式)放送を控えている。このドラマでは、「九家の書」で一回相性呼吸を見せてくれたイ・スンギと呼吸を合わせてすぐが示す新しい作品に対する期待をさらに高めている。

このような中で、スジがあげ近況写真は、さらに水分を吸い上げたビジュアルで延伸大衆の関心を集めている。スジは3日、自分のインスタグラムに「デジファッション」という文と共に写真を2枚掲載した。公開された写真の中のスジは、白のブラウスの裾を縛って腰を表わした様子。明らかになったアリ腰が感心をかもし出す。普段清純なスジの雰囲気の中で全くセクシーな魅力までムトオや「清純セクシー」の定石と呼ばれている。

そうしたらスジのつながる歩みに、より期待感が高まっていることが事実。スジが出演する「バガボンド」は、民航旅客機墜落事故に関与した一人の男が隠された真実の中で見つけた巨大な国を暴い打つされる過程を描いたドラマだ。より完成度の高い作品のためにすでに5月に撮影を終えてその月の24日、いわゆる「打ち上げ」まで持っていた海。

「バガボンド」でスジが引き受けた役割は、国家情報院のブラック要員とハリー役である。スジが新たに更新する人生キャラクターへの期待感が高くなる中で、作品は後半作業に精魂を込めて、9月の視聴者と会う準備をしている。

また、バガボンド」の制作セルトリオンエンターテイメント(代表朴在森)によると、「バガボンド」は、9月からSBSに本放送後ネットフリックスを介して全世界190カ国以上、約1億4千8百万人以上の有料加入者と会う。世界の視聴者はどこ」バガボンド」を簡単に見ることができており、グローバルな期待感をすでに認められたとする。

スジは、スクリーンでも活躍を予告している。イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソク、チョン・ヘジンと一つになった映画「白頭山」(監督イヘジュン)が5ヶ月の大長征の末、先月のすべての撮影を終えてクランクアップした。「白頭山」は「神と共に」シリーズを製作したデクスタースタジオの新作で、南と北の両方を飲み込む初の災難である白頭山の最後の爆発を防ぐには、人々の話を描いた映画だ。

この作品では、スジは、単独で、ソウルに残って巨大な災害に対抗されるインチャン(ハ・ジョンウ分)の妻ソ・ジヨン役を引き受けハ・ジョンウと演技呼吸を示す見通しだ。今年の冬の観客を訪ねて行く予定だ、スジは、今年の年末までに熱い活躍を広げると予想される。/ besodam@osen.co.kr
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2019   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43795-657c34aa

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR