FC2ブログ

プデュX101」の制作陣vsジンサンウィ、法的争いを開始..X1疑惑解ける[総合]



Mnetアイドルグループ発掘プロジェクト」プロデュースX 101」(以下、プデュX101)が投票操作疑惑に包まれた中で、視聴者とファンと製作陣が法的対応を通じて対立した葛藤を解決するものと思われる。

1日午前11時「プデュX101」の国民プロデューサーで構成された真相究明委員会(ジンサンウィ)はマスト法律事務所を通じて投票操作疑惑を提起し告訴状を受理したと発表した。告訴・告発は総260人余りの視聴者なのに被害内訳の公開を望まれ、視聴者は378人、タンウォンインは299人である。

真相究明委員会側はこの日、「ソウル中央地方検察庁に株式会社CJ E&M所属の氏名仏像の直接実行者とこれらと共謀したと思われる声明仏像の所属事務所の関係者を詐欺の共同正犯疑惑と偽計の業務妨害の共同正犯疑惑で告訴(詐欺の疑い)⋅告発(偽計による業務妨害の疑い)した」と明らかにした。

これら投票操作疑惑の真相を明らかに明らかにすること、今後の再発を防止したいと主張した。製作陣がロー(raw)得票数万公開虐待問題がされていない事案だが、これを公開しないことで疑惑が大きくなったと改めて強調した。

それとともに何らかの方法で操作があった合理的疑いが強くかかるので、公正な捜査を通じて「プデュX101」投票論議と関連したローデータの得票数を明らかにと言った。彼らは「視聴者に実体的真実を知らせようとする目的がある」と述べた。

これら強力に疑問を提起した部分は、最後の放送で発表された最終的な順位得票数に一定のパターンがあるのだ。すぐ上の下の練習生の票差が2万9978人が5回繰り返したということを不思議に思った。また、7495の場合は、4回繰り返した点、20人の練習生の得票数がすべて7494.442排水という点を例に挙げた。

真相究明委員会側は「投票結果は一週間行われたオンライン投票と140万票を超える文字投票で導出されたものを見るには、不自然なことだ」と主張している。

この日の午後、「プデュX101」の製作陣も、法律代理人選任を通じて対応と分かった。しかし、Mnet側関係者はOSENに「製作陣が法律代理人を選任したことを私たちの側を知らない」と確認が不可能だという立場を伝えた。

ジンサンウィ側と製作陣側がそれぞれの法律代理人を選任して法的対応をすることを決めたので、警察の調査と一緒にどのような結果が出るようになるのか注目される。

最後の放送を通じて最終選抜されたX1(エックスワン)のメンバー11人はギムヨハン、ギムオソク、ハンスンオ、ソンヒョンジュン、ジョスンヨン、ソンドンピョは、この一様、ナムドヒョン、チャジュンホ、ガンミンフイ、イウンサンである.
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2019   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43781-1d2dab97

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR