FC2ブログ

防弾少年団、世界トップも制約のない進化



グループ防弾少年団が進化を遂げている。

すでに実力と人気の両方の世界トップ級に評価されている防弾少年団だが、つまみを知らない姿だ。新たな挑戦に気兼ねがないという点で、防弾少年団の発展の端を計るするのは難しいの評価だ。

防弾少年団のリーダーRMは、米国の有名ラッパーリールナスのXとコラボをした。リールナスのXが24日(米国現地時間)、世界の音源サイトとストリーミングプラットフォームなどを通じて発表した音源「ソウルタウンロード(旧タウンロードリミックス)」のRMがフィーチャリングで参加した。

今回のコラボは、リールナスのX側の提案で実現されたと防弾少年団所属事務所ビッグヒットエンターテインメント側は伝えた。リールナスのXが、昨年12月に発表した「オールドタウンロード」をリミックスした曲でRMはこの曲の歌詞を直接英語で書いてラップフィーチャリングに参加した。タイトルを「ソウルタウンロード」に変えて歌詞を変更したのは韓国固有の感覚を生かすためだとビッグヒット側は説明した。

防弾少年団がスタジアムツアーを、サウジアラビアに続き、トップにしたのも新しい挑戦である。防弾少年団は、5月から続けてきたスタジアムツアーの一環として、来る10月、サウジアラビア首都リヤドのキングファハドインターナショナルスタジアムで公演をする。キングファハドインターナショナルスタジアムで公演をすることは中東圏のほかの歌手には防弾少年団が最初だ。特にサウジアラビアは開放を対外的に表面化するためのカードで大衆文化の活性化を推進しながら、防弾少年団の公演を誘致した。防弾少年団は、Kポップの見知らぬ地域であるサウジアラビアで開放の象徴となる役割を喜んで浮いて引き受けた。

防弾少年団がアメリカLA、ニュージャージー州、シカゴ、ブラジルサンパウロ、ロンドン、フランスパリ、日本の大阪と静岡などで海外スタジアムツアーをしたことも韓国の歌手初の挑戦であった。米国ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」1位を達成した最初の韓国歌手、米国ビルボード・ミュージック・アワードのアメリカンミュージックアワードで受賞した最初の韓国歌手など防弾少年団が獲得した「最初の」というタイトルは、すでに少なくない。

カン・テギュ大衆文化評論家は"考えてみれば、国内の音楽放送より、YouTubeやSNSを介して、グローバル市場を継続的にノックした防弾少年団のマーケティング方式から他の歌手たちと差別化された新しい試みであり、挑戦だった」とし「このような初心を忘れずにいるだけ防弾少年団がどこまで成長するか予測不可能だ」と評価した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43740-ffb995d7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR