FC2ブログ

俳優キム・ミンジョン、第21回ソウル国際女性映画祭5台フェミニスター委嘱



第21回ソウル国際女性映画祭(以下映画祭、執行委員長パク・グァンス)が、今年の映画祭の広報大使として活躍する5つのページミニスターに学ぶキム・ミンジョンを委嘱した。

オリジナル表示
写真= W・アイピー(WIP)

」ペミニスター」は、ソウル国際女性映画祭を知らせる広報大使として1・2台キム・アジュン、3つのハンイェリ、4台イ・ヨンジンなど韓国を代表する女優たちが委嘱され、話題を呼んだ。ソウル国際女性映画祭フェミニスターは、開会式に出席するだけでなく、映画祭期間中に、様々な活動を通じて観客と疎通する。5大フェミニスターキム・ミンジョンもソウル国際女性映画祭を広くのに積極的に参加する予定だ。

キム・ミンジョンは子役俳優時代から着実に演技活動を続けてきたデビュー29年目のベテラン俳優だ。<淫乱書生」、「作戦>、<バレエ教習所>、<夜の女王」など40本以上の映画やドラマに出演して、さまざまな女性キャラクターを示した。ドラマ「ミスターサンシャイン>は主体的、積極的な女性」工藤ひな」を演じて好評を受けている。信じ見る俳優幅広い演技スペクトラムを保有している映画だけフェミニスターとしての活躍が期待される。

5大フェミニスターの活動を控えたキム・ミンジョンは「女性映画人の一人として、ソウル国際女性映画祭に参加することになって非常に意味深く思う。様々なジャンルやテーマの映画が上映される今回の映画祭の価値と意味をよく知らせて、より多くの観客が一緒にできるように努力する」と所感を明らかにした。

キム・ミンジョンは、8月1日に行われる公式記者会見でページミニスター委嘱式を持ってソウル国際女性映画祭の広報のための本格的な活動を開始する。開幕式参加をはじめ、映画祭期間に話題作を鑑賞して、観客と話を交わす「スタートーク」に参加する。またパク・チャノク、チョン・ジェウン、イ・ギョンミ、前細かいなど才能ある女性監督を輩出してきソウル国際女性映画祭の代表競争部門であるアジア短編競争部門審査委員としても活躍して映画祭を輝かせる予定である。

20190724083005339.jpeg

写真=ソウル国際女性映画祭

1997年に始まった「ソウル国際女性映画祭」は、「女性の目で世界を見てみよう」というキャッチフレーズの下、女性映画人の発掘と女性映画の発展を図ろうとする映画祭だ。'20 1、壁を破る顔たち」を今年のスローガンに掲げた第21回ソウル国際女性映画祭は、来る8月29日から9月5日までメガボックス上岩ワールドカップ競技場と文化備蓄基地で開かれる。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2019   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43718-6e97f496

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR