FC2ブログ

'ゴンジュビョン論議'ソン・ヘギョ海外インタビュードンソクジャJ通訳口開く



「そう膨らませ過ぎ..とても怖い。」

ソン・ヘギョが海外のメディアとのインタビュー内容が国内に伝えられふくらんでいる」ゴンジュビョン」、「離婚は運命」など、様々な論議について、当時、現場にていた通訳の関係者が口を開いた。女性通訳J氏は、ソン・ヘギョが、アジア太平洋(APEC)アンバサダーとして活動中の高級ブランド「ショーメ」のイベントに出席するため、モナコに伴うし、現地で行われたその媒体とのインタビューで通訳として一緒にした。

議論が触発された7月23日J氏は、海外に滞在していたし、ショーメの関係者の手配に連絡が届いてニュースエンと長い時間国際通貨に応じた。

Jさんは、まず、「対話コンテキストが省略されたままのインタビュー内容一部だけ折衷されて報道され、あまりにも大きな誤解を生んでいる」とし「事実初めて経験することだとあまりにも恥ずかしいらしくもう怒りを離れて怖いほどだ」と言った 。

J氏は、まずティアラをめぐる「ぶりっ子」論議から話題に上げた。この媒体は、ショーメが手配したインタビューの性質を考慮し、イベントに主に展示された小さな王冠型髪飾りである「ティアラ」に注目して「もし(ショーメの)ティアラを身に着けることの機会が与えられるならば、いつがいいか」(If you were allowed to wear one of the tiaras、when would that be)という内容で質問を投げた。

J氏はこれについて、「質問の本質は、ファッション界によく通用する「TPO」(時間、場所、

その媒体が、実はソン・ヘギョの答えは、次のようだった。「機会があれば、11月22日私の誕生日にティアラを一度ソボミョンいいだろう。ティアラを使えばお姫様になった気分がするから」(If I were allowed、I would love to be able to wear a tiara on my birthday、on November 22 When I put on a tiara、I feel like a princess)

この関連してもJ氏は、「このメディアのインタビューにも多少ニュアンスの違いがあった」と強調し、具体的に「ソン・ヘギョはティアラとよく「姫」を連想させるように、それを書いた場合、誰でもちょっとでもそんな気持ちを感じることができないだろうかと回答した」と説明した。

通訳J氏は、ティアラの議論と併せて、最近あった破局と関連づけて怪異に変質しているインタビューの内容にもすぐにした。媒体の一部は、問題のインタビュー内容に言及された「運命」(Fate)という言葉に集中して、これを最近の離婚問題と接続にされ恣意的解釈を出している。

関係者は、「メディアの質問内容は、「作品をどのように決定する」(How do you decide on what projects to work on)であった」とし「その答えとしてソン・ヘギョは「作品は苦労書くのではなく、運命のように今後のこと同じ」と言われたのがすべて」と明らかにした。このような回答をその媒体は「Fate comes without any big effort、it just happens」と記述した。

ソン・ヘギョが「私一人だけの時間が必要だ」とのインタビューで述べたいくつかの報道にも、J氏は「やや膨らんだ部分がある」と指摘した。J氏は、「今年の下半期の計画を問う点でソン・ヘギョが伝えた回答は、実際に短かった」とし「当時ソン・ヘギョは「おそらく個人的な時間を送ってでしょう。休むと思います。来年には新しい作品をするようだ確定されたことではない」と簡単に話した」と伝えた。

J氏はまた、「そのインタビューでソン・ヘギョが「自然人として、私は実際には簡素に飾り着ることを好む」と言及したのはなぜ大衆に教えてくれないか」と反問し、「とても気に障る」と切なさを示した。

これと関連し、当該海外メディアは「どのような種類のジュエリーを好む」と質問し、これに対してソン・ヘギョは「もちろん仕事をするときは、高級なジュエリーを身に着けてたりしますが、普段の私は簡素に飾り着るのが好きで、それが私のスタイルだと思う」と述べた。(写真=ニュースエンDB)
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2019   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43715-0d086124

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR