FC2ブログ

「薬物疑惑」ファンハナ、執行猶予2年を宣告に釈放。法」反省した点を考慮」



麻薬投薬疑惑を受けている歌手パク・ユチョンの前恋人ファンハナが執行猶予宣告を受けた。

19日午前、水原地裁刑事1単独イウォンソク判事は麻薬類管理に関する法律違反の疑いで起訴されたファンハナに懲役1年に執行猶予2年を宣告した。また、保護観察と40時間の薬物治療プログラム受講、220万560ウォンの追徴を命じた。

裁判所は「被告人は、数回に渡って知人と一緒にヒロポンを投薬して向精神薬を服用していたが、マーケティングは、単純な投薬目的で反省している点を考慮した」とし「二度の異なる前から離れて特別な犯罪電力がない点も考慮た」と判決の理由について説明した。

それとともに「執行猶予期間が終了した後にも再び麻薬犯罪を犯せば、どの裁判所になろう実刑を宣告する」とし「再びこの犯罪を犯さないように」と付け加えた。

ファンハナが1審で執行猶予宣告を受けに沿って、午前中釈放されると思われる。拘置所生活ではなく、自由の身に帰ること。

先にファンハナは最後の2015年5月と6月、9月、ソウル龍山区の自宅などで3回にわたりヒロポンを投薬して、昨年4月に港精神性医薬品を医師の処方なしに不法服用した疑いを受けた。過去2011年にも大麻喫煙の疑いで起訴猶予処分を受けた履歴があり、今年の初めには、前の恋人であったパク・ユチョンと一緒にヒロポン1.5gを購入し6回にわたって投薬した疑いもある。

ファンハナは過去4月毎分ソウル大学病院精神科の閉鎖病棟入院中の警察に逮捕され、拘束されたし、起訴後の公判に先立ち、14回に渡って反省文を提出し過ちを認めた。

去る10日あった結審公判では、「過去の自分の行動があまりにも悔しくて数ヶ月の間に留置場と拘置所生活をして平凡な日常がどれだけ大切なことを感じている」とし「人生の価値を再考し、治療を並行して完全な人で社会に復帰したい」と嗚咽したり。しかし、検察は、ファンハナに懲役2年、追徴金220万560ウォンを求刑した。

1審裁判部の判断は検察の矩形よりもはるかに低い刑量である。懲役ではなく、執行猶予で釈放がなされたからだ。ファンハナあるいは検察側が1審宣告に不服して控訴を進むかどうかに関心が集められる。

一方、ファンハナの前の恋人であったパク・ユチョンは去る2日、懲役10月に執行猶予2年を宣告され、釈放された。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43685-e15197cf

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR