FC2ブログ

風が吹く」カム・ウソンXキム・ハヌル、永遠に離さない手... 切ないエンディング 「



「風が吹く」カム・ウソンとキム・ハヌルが、最後までどっしりとした愛の意味を残し深い余韻の中に有終の美をおさめた。

JTBC月火ドラマ「風が吹く」(演出ジョンジョンファ・キム・ボギョン、脚本ファンジュハ、制作ドラマハウス・塩光メディア)が16日、ドフン(カム・ウソン)とスジン(キム・ハヌル)の最後の旅程で大詰めの幕を下ろした。記憶ではなく、心に刻まれた二人の愛は最も普通の毎日の奇跡を作り出して真の愛の意味を呼び覚ました。「メロ職人」カム・ウソンとキム・ハヌルが完成した人生メロは最後まで感性を刺激し、思い出に残るフィナーレをプレゼントした。

この日の放送でドフンとスジンはアラム(ホンジェイ分)の幼稚園で開かれる「パパの日」の行事に参加した。パパドフンをそのまま見てくれるアラムがの純粋な愛"ミスと励ましていないと、助けてくれれば良い」は受診の成熟した愛はドフンを心強く守った。その心に報いるかのようにお父さんドフンの真価は、図の検索で明らかになった。子供の絵を見つけるミッションを受けたドフンはアラムのこと完璧に訪れた。ドフンとスジン、アラムは一生の思い出に残る記憶をもう一つ持つようになっ。

ルミチョコレートもまたドフンに戻った。ドフンとスジン、アラムはお互いがあり、より望むことがない毎日の幸せを享受していた。そして2ヵ月後、ドフンとスジンの思い出が込められた「愛しています」の小さな試写会も開催された。映画が完成したら、必ず受診と一緒に見たいと思うたドフンの願いが叶うこと。受診の風は一つであった。ドフンが痛くなかったら、孤独でも、恐れもなかったら風。覚えていなくてもドフンは一人ではなかった。

ドフンの状態は毎日悪化していた。そんなドフンのそば屈せずに堪えていくスジンに小さな奇跡が訪れた。ドフンの記憶がしばらく帰ってきたもの。ドフンは限りなく暖かい目つきで受診に「元気だった」と挨拶をした。信じられないというように、自分自身を記憶するのかは、受診の問いに「私は絶対に忘れられないスジン」と答えた。これまで難しかった受診の涙を優しく拭いてくれ慰めるドフンを受診は笑顔で歓迎した。しかし、刹那の出会いもしばらくドフンの記憶は戻って消えていった。「愛している"と切ない告白を残すドフンに向けた受診の涙は切々と胸を鳴らした。再び繰り返される日常の中で3つの家族は、平凡だが、特別な一日一日を享受した。手を取り合って並べ歩いて道ドフンとスジン、アラムが一緒に未来のように暖かいだけだった。いくつかの記憶とどの時間の中でも、明日の愛に向かって進む3つの家族が末永く永遠の瞬間を一緒にしていた。

厳しい現実を存続ドフンとスジンの愛が届いたのは「幸せ」という終着駅だった。別れも、アルツハイマー病も防ぐことができない人々の愛は、最後まで悲しいよう美しかった。ドフンとスジンに記憶は重要でなかった。記憶が有無に関係なく、ドフンが受診を感じるように受診もドフンの愛がそうだった。お互いの心を覗くこと。何よりも純粋で深い愛だった。「あなたがすべてを忘れても、私はあなたを覚えているときになる」は、受診の言葉のように、記憶していなくても、心に刻む愛は素朴で平凡な毎日の大切さと真の愛の意味をイルケオミョ視聴者の胸に濃い波長を残した。

「記憶」を素材に愛の意味を刻んだ「風が吹く」は、最後まで涙腺を刺激し、人生メロに位置づけた。その中心には、カム・ウソンとキム・ハヌルの熱演があった。記憶を失ってながらも、胸の奥に受診とアラムの愛を秘めたドフンを表現するのは容易ではない。カム・ウソンだからこそできる演技という賛辞が毎回あふれた。カム・ウソンが築いた繊細な演技は回を重ねるごとに深い響きで視聴者たちの心を揺さぶった。キム・ハヌルは、時間の流れに沿って成長するように変貌する受診の感情線を幅の広いスペクトルに込めた。厳しい現実にもドフンのそばを守る受診の切々たる涙から淡々と押して入れた感情の屈曲までキム・ハヌルだけの細密画に描かれた。そんなキム・ハヌルの演技のおかげで、受診の感情に共感して応援することができた。カム・ウソンとキム・ハヌルのシナジーが真正性にメロの新しいページを開いて結んだ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43662-e5e12cd8

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR