FC2ブログ

チョン・ジュニョン・ジョンフン、初公判「水起こし申し訳ありません」... 集団性暴行容疑は否認



歌手チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンが集団性暴行容疑を否認した。

16日午後、ソウル中央地裁刑事合意29部(ガンソンス部長判事)の審理で性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反(特別準強姦)などの疑いを受けるチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンなどの1次公判期日が開かれた。この日の裁判では、チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンが参加した。また、同じ容疑で起訴された江南のクラブバーニングサン元従業員キム某氏、芸能企画社元従業員ホ某氏、ガールグループのメンバーの実の兄クォン某氏なども参加した。

先立って警察は「バーニングサン事件」と関連して歌手の勝利などを捜査していたの勝利とチョン・ジュニョン、チェ・ジョンフンなどが参加したカカオトークのチャットルームでチョン・ジュニョンが流布した不法性関係動画と集団性暴行関連写真・音声ファイルなどを確保したと、これら起訴意見で検察に送致した。

チョン・ジュニョン側先月開かれた公判準備期日時の動画撮影・流布の疑いはすべて認めたが、一緒に裁判受けるチェ・ジョンフンと女性を集団性暴行した疑いは認めなかった。

この日もチョン・ジュニョン側の弁護人は「不法撮影関連容疑は認めている。しかし、他の被告と不特定の女性の準強姦をしたり、計画したことがない。合意によってなされたセックスだった当時、被害者は意識不明や抵抗不能の状態でもなかった」と主張した。また、「不法取得したカカオトークの会話が証拠として提示されたので、証拠能力がない」と付け加えた。

チェ・ジョンフン、被害者との性的関係が最初からなかったと主張した。

チェ・ジョンフンは法廷で「社会的に物議をかもして本当に申し訳ない。しかし、絶対的な強圧的に強姦したり、姦淫していなかった。計画もしていなかった」と述べた。

チェ・ジョンフンの弁護人は、「他の被告人の被害者と性交をした人がいるとしても、被害者とチェ・ジョンフンの関係や、当時の飲み会に参加した経緯などを考慮すると、チェ・ジョンフンが、被害者の抵抗不能の状態を利用して性交したわけではない」と述べた。また、チェ・ジョンフン側強制わいせつの疑いを置いても、「被害者とベランダで会った記憶はあるが、そのような行動をしなかった」と否定した。

他の三人の弁護側も性的暴行容疑を否認した。裁判部は被告人の陳述が食い違う点を考慮して、被害者5人、被告人5人すべてと参考人2人の証人尋問を行う予定である。次の公判は来る8月19日午後2時10分進行される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43659-1dd75c9a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR