FC2ブログ

検察、「麻薬投薬」パク・ユチョンの魅力アンハンダ



検察が麻薬容疑で起訴れた歌手兼俳優パク・ユチョン(32)に対して控訴をしない。

8日のニュース1によれば、水原地検強力部(部長検事バクヨウンビン)は、1審裁判部がパク・ユチョンの懲役10月に執行猶予2年を宣告した判断を受け入れ控訴をしないことにしたと発表した。

水原地裁刑事4単独は去る2日麻薬類管理に関する法律違反の疑いで起訴されたパク・ユチョンの懲役10月に執行猶予2年を宣告した。追徴金140万ウォンと麻薬に関する保護観察の治療も命じた。1審裁判部が執行猶予を宣告することにより、パク・ユチョンはこの日、法廷拘束2カ月ぶりに釈放された。

パク・ユチョンは法廷拘束期間の合計3枚の反省文を提出し、自分の犯罪事実について認めている姿勢を見せるなど懺悔の時間を過ごしたことが分かった。

当時裁判所は「パク・ユチョンは昔の恋人である黄一つ氏(31)と1.5gメタ買収し、合計7回投薬した疑惑の犯罪事実を自白し、すべてを認めている」とし「麻薬犯罪は、社会的弊害であり、深刻であるため厳重な処罰が必要だ」と述べた。

続いて「パク・ユチョンの足毛で陽性反応で出てきたもので延ばさ、メタンフェタミンを長く投薬したものとみられる」とし「しかし拘束した後、犯罪を認めて2ヶ月以上拘束された状態で反省する姿勢を見せるなど、現段階での保護観察や治療命令部、執行猶予部がよりよい」と判示した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2019   0 comments   0 trackback
Category :5人の東方神起

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43584-4a3a3977

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR