FC2ブログ

ときめきいっぱい晩餐カップル "... イ・ジウンXヨ・ジング」ホテル・デル・ルナ」、「アス月」空席を満たすか(総合)



tvNドラマ「ホテル・デル・ルナ」の制作発表会が8日午後、ソウル論峴洞インペリアルパレスホテルで開かれた。俳優ヨ・ジングとイ・ジウンがポーズとっている。「ホテル・デル・ルナ」は、幽霊ゲストを受けるホテル社長(イ・ジウン)と支配人(ヨ・ジング)のホラーロマンスを描いたドラマだ。ジョンジェグン記者cjg@sportschosun.com/2019.07.08/
[スポーツ朝鮮ギムヨウンロク記者] 'ホテルデルルナ」ヨ・ジングとイ・ジウン(アイユ)が夏にふさわしい風変りな楽しさを約束した。

8日、ソウル、ノンヒョンドンインペリアルパレスホテルでは、tvNドラマ「ホテルデルルナ」の制作発表会が開かれた。現場にはイ・ジウンとヨ・ジングをはじめシンジョングン、ペ・ヘソン、カバーくん(ピオ)、川ミナ、そしてオチュンファン監督が参加した。放送キム・テジンが現場進行を引き受けた。

「ホテル・デル・ルナ」はエリートホテリアー区賛成(ヨ・ジング)が美しい風変り社長ジャンマンウォル(イ・ジウン)に会って生じる話を盛り込んだファンタジー号ロマンスだ。さすらいの幽霊だけ表示されるリョンビン(靈賓)専用ホテル「デルルナ」をめぐる物語で、特別な想像力に爽快なホラーとシムクンロマンスが調和した作品である。

ジャンマンウォルは月のように孤高て美しいですが、風変りで意地悪合っ気まぐれ激しく贅沢なキャラクターだ。旧賛成は自己管理が徹底した完全主義者で超エリート経営者が、幽霊を怖がっている簡単な男だ。視聴者は、すでに「晩餐カップル」とし、二人のケミを期待している。

ジウンは「暑い夏を甘く楽しく過ごすことができる作品」と話を切り出した。ヨ・ジングは「

ジウンは「「私のおじさん」の後、次期作をこんなに早くになるかわからなかった。で眼科は180度異なる明るいキャラクター」と「強烈で強靭ながらも事情が多い」と笑った。続いて「心配が多かったが、監督と二作家が見せた確信に心が動いた」とし「ホン姉妹作家が「心配しているだろダンヨンハンデ、こんなに強くかっこよく面白いキャラクターが来れば、保持みるのはどうですか?」と問う自信に惚れた」と「ホテル・デル・ルナ」を選択した理由を明らかにした。

オチュンファン監督は「ホテルデルルナ」について「ホラーロマンスロコに省略される。面白くて恐ろしくときめく作品である。共感とヒーリングもある」とし「退屈していない70分なるだろう」と自信した。続いて「シノプシスはイ・ジウンさんにだけささげた。ずっと前から準備しており、独自のセットやCGが多く必要な作品だと美術やCG準備をたくさんした。きれいな画面とときめく絵が多い」とし「ホン姉妹作家と「イ・ジウン、またはこの作品はありませやめよう」という話もした。切迫した」と回想した。

続いて編成が「アス月クロニクル」の間になされたことについて、「計画していた時期と似ている。十分に協議した」とし「負担になるが、時間は十分だった」と強調した。「ホラー」要素については、「事実とても怖いなことはない。瞬間怖いが鬼に愛着が生じるだろう」と付け加えた。

ヨ・ジングはジウンとの呼吸を尋ねた質問に "事実"王になった男」以来、少し急いで準備した。足りない姿を見せるかと思って、より熱心にしたもの」とし「実際に撮影が開始されるのでイ・ジウン氏が満月役にすごく没頭しておら星準備が必要なかったよ。私前作に嗅いだことのない役割である。気持ちよく幸せ撮影中」と微笑んだ。続いてオチュンファン監督は「初めて見た時から、真優しく礼儀正しい友人だ。エリートも憎くない。撮るを通して幸せだった」と付け加えた。

イ・ジウンは「私キャスティングされた後、ヨ・ジングさんの出演が確定した。とても心強いしうれしかった。監督の言葉のように「(旧)賛成がはボクドンイ' "と話を切り出した。続いて「最初の台本リーディングから旧賛成のように完全にしてきたよ。あまり期待がなるかと思っ負担になった」は本音も表わした。

ジウンは俳優としての地位が変わったという言葉に「「私のおじさん」の周辺で人生作だった話たくさん聞いた。感謝しながらも期待に応えて姿を見せしなければならないでしょう、という心配があった」とし「次期作決定が長くかかるんじゃないか?と思うとき幸運のように会った作品」と説明した。

また、自分のキャラクターについて「ジャンマンウォルは様々な解釈が可能で、魅力的なキャラクターだ。私と監督、二作家の解釈が少しずつ違う」とし「私自身と同様である。より浮上させたり、非表示ではなく、持っている様々な姿を加減なしお見せしたい。立体的な、私には総合ギフトセットのような役割」と強調した。「イージー案好きな方は違和感も感じた」としながらも「私選ぶことができる作品の幅が狭くなるかと心配になった」という言葉も付け加えた。

ヨ・ジングは「今までは、主に作品の中で成長する役割を多くしたが、旧賛成は支配人としてお客様を癒し、導く役割である。これまでの成長ストーリーとは別の大人の男としての姿がある」と強調した。

シンジョングンとペヘソンは「本当に豊かな作品である。小劇場のような小さな舞台だ広場のような広々とした大規模な話がある」と強調した。特にペヘソンはイ・ジウンの「本当に勇敢で大胆な俳優だ。現場でも常に明るく中心をよく取ってくれる俳優"と賛辞を送った。

2019070816362512a.jpeg

tvNドラマ「ホテル・デル・ルナ」の制作発表会が8日午後、ソウル論峴洞インペリアルパレスホテルで開かれた。俳優イ・ジウンがポーズとっている。「ホテル・デル・ルナ」は、幽霊ゲストを受けるホテル社長(イ・ジウン)と支配人(ヨ・ジング)のホラーロマンスを描いたドラマだ。ジョンジェグン記者cjg@sportschosun.com/2019.07.08/
イ・ジウンは歌手出身俳優である標識くんガンミ出の出会いについて、「たまに撮影現場で直面ば確かに同質感がする」と話した。一方、表紙くんは「と子供ユダ!きれい」感じながらきまり悪くした。ガンミ私は"イ・ジウン先輩を学びたい撮影がない日もモニターに行った」と尊敬の念を表した。

表紙くんは「とても良くときめい震え熱心にするべき」とし「「ボーイフレンド」に続き、シンジョングン先輩とまた一緒にすることになりうれしい。tvNのフロントマンとして営業走る」と特有のエネルギーを発散した。シンジョングンは"私の子供たちの中で最も明るい」とし「見れば分かるそれほど計算的でない、よりきれいだ」と笑った。

ジウンは「歴代第キャラクターのビジュアル的に最も華麗である。各シーンごとに服が変わる。頭も長い髪の短い髪白髪を行き来する」とし「ファッション的にも勉強をたくさんしながら多彩なスタイリングを準備した」と説明しした。これオチュンファン監督は「本当にきれい出てくる。私が見た俳優の中のトップを撮った」と答えた。

製作発表会末尾ヨ・ジングは「「他人を知らない秘密の世界を知っていくだろう不思議はありませんか?」というセリフがある。私の心だ。幸せ夏を自分ならない」と自負心を表わした。イ・ジウンも「一時間以上質疑応答をしたと言って本当に多い。おもしろく見てくださいではなく、単におもしろい」と手伝った。

「ホテル・デル・ルナ」は、2013年に放映されたドラマ「主君の太陽」の初期企画案だった。6年ぶりに戻って、光を見るようにされたホン姉妹(ホン・ジョンウン、ホン・ミラン)作家の「ホテル・デル・ルナ」は「ドクターズ」、「あなたが寝ている間に「のオチュンファン監督が演出を引き受けた。

イ・ジウンとヨ・ジングが主演を引き受けたドラマ「ホテル・デル・ルナ」は、「アス月クロニクル」の後続で来る13日初放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43583-132af4df

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR