FC2ブログ

「性的暴行NO」... 並べ法廷線チョン・ジュニョン - チェ・ジョンフン、集団性暴行全面否認(総合)



'ただしトクバン友人」が並んで法廷に立った。

27日午前11時、ソウル瑞草区、ソウル中央地裁で性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反(特別準強姦)などの疑いで拘束起訴されたチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンの2次公判準備期日が行われた。

去る5日、裁判所は、チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンの裁判を併合して行わすると発表した。これ二人は一法廷で裁判を受けることになった。チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンは、並んでブラックスーツを着て、弁護士を同行したまま法廷に立った。前後座った二人は目を引く、一度与えていないまま、裁判に臨んだ。裁判に臨む二人の態度も全く違った。チョン・ジュニョンは沈痛な表情で裁判に臨んだが、チェ・ジョンフンは、裁判所の天井を眺めて自助混ざった笑顔を帯びていた。ガールグループのメンバーの実の兄クォン某氏と芸能企画会社元従業員ホ某氏、クラブバーニングサンの従業員キム某氏なども一緒に裁判を受けた。

チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンは「職業は無職」と口を開いた。国民参加裁判は「望んでいない」と口をそろえた。


この日チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンは、単トクバン友人は、集団性暴行疑惑について全面否定した。

チョン・ジュニョンの弁護人は、「性ポクボプ違反特殊準強姦の疑いが唯一だ。チョン・ジュニョンは、被害者とのセックスしたことは認める。他の被告と犯行を計画した事実がなく、被害者が抵抗不能や意識不明の状態ではなかった。合意にによる性交だった。捜査内容を見ると、会話の一部を順序を後変え編集をしておいて、捜査官の意見を述べた。そのため、証拠採用に否定する」と述べた。

チェ・ジョンフンの弁護人は「基本的な立場は、ボールソトシルをすべて否定するものである。強制わいせつに関しては、3年前のことだ記憶が正確ではない。ベランダで会ったことはあるが、被害者の意思に反して抱きしめたりキスしたことはない。特殊準強姦の被告人は、性交そのものがなかった。他の被告のように性交があったとしても、被害者との関係、最終ホテルに入るされた経緯、事件前後のカカオトーク会話内容などを見たとき、被告人が被害者の意思に反してセックスをしたと見ることができない」と伝えた。

金氏の弁護人は「被害者をわいせつな事実は認め一つの共同犯行ではない。3月20日、犯行には醜行をしていなかった」と、クォン氏の弁護人は「準強制わいせつのは認めるが、他の公訴事実については、すべて否定する。一緒にお酒を食べ、2階に上がった。被害者を脅迫したり、抵抗不能の状態にしないだろう準強姦に該当しない。セックスした事実は認められない。動画がある。心理的、物理的に反抗が不可能か、抵抗不能の状態で見ることができない準強姦にあたる見ることができない。両方の件すべての合意によって性交が行われた。特別な準わいせつとカメラなど利用撮影については、本人は、撮影した記憶がないと思っている。撮影において出てきた手が巻被告人の手であることを確認できませんした状況であるため、公訴事実を否認している。被害者を法廷に呼ぶことが適切でない ああ見える部分がある。被害者との接触を最小限に減らすべきだ」と容疑を否認した。

ホ氏の弁護人は「被告人は、一緒にお酒を飲んだ、被告人が所有して1015号入っ荷物を短い時間内に部屋を出て行った。セックスシーンを見てみたり、撮影したり、ベッド上に上がって、被害者にいたずらを打ったことがない。むしろキムを乾燥した。チェ・ジョンフンの連絡を受けて1015号に入った。被害者の体の上に乗ったりしたことがない。控訴事実をすべて否認する。嫌がらせの意図程度は認めることができこそあれ強姦は認められない」と弁護した。

裁判所は「1次公判期日以降の証人尋問をするようにする。弁護人と被告人が多く、1回の公判期日は場所を変更する。

チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンは、ビッグバンの元メンバーの勝利、ロイキンエディキムなどが一緒にいたカカオトーク団体チャットルームで不法撮影したセックス盗撮動画などを流布した疑いを受ける。また、2016年1月に江原道洪川、3月に大邱で女性を集団性暴行した疑いも受ける。

チョン・ジュニョンは、3月ビッグバンの元メンバーの勝利などが含まれているカカオトーク団体チャットルームでセックス盗撮動画などを流布した容疑で拘束された。チェ・ジョンフンまた、問題の単トクバンで直接撮影した不法撮影物とわいせつ物などを流布した疑いを受けた。

ここで終わりではなかった。2016年1月に江原道洪川、3月に大邱で女性を集団性暴行したという疑惑が提起された。警察は捜査に突入しており、その結果、チェ・ジョンフンも3月に拘束された。チェ・ジョンフンはこれを受け入れず、非拘束状態で捜査を受けてくれと、先月31日に拘束適否審査を請求したが、裁判所は、これを棄却した。

チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンなどの1次公判期日は7月16日午後2時10分、ソウル中央地裁311号法廷で開かれる。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43486-7b34d683

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR