FC2ブログ

「インゲン花」チョジョンソク・ユン・シユン・ハンイェリ、台本執着3人捕捉。最強没入原動力



インゲンの花 '狂った熱演秘訣が公開された。

SBSグムトドラマ「インゲンの花」(脚本ジョンヒョンミン/演出シンギョンスキム・スンホ)は、125年前にこの地を揺るがした民衆の力強い獅子吼」東学農民革命」を本格的に描いた民衆歴史劇である。しっかりとしたストーリー、線の太い演出が調和2019年テレビ劇場に重たいメッセージをプレゼントする、優れた作品性のドラマという好評のうちに放映している。

「緑豆花」の作品性と没入度を完成する決定的鍵は俳優たちの「狂った熱演」である。「インゲンの花」は、125年前の激変の朝鮮を背景とする。それほどの人物たちも吹き荒れる時代の中で波乱万丈な変化を経る。このような劇的な変化を息詰まる集中力と表現力で表わす俳優たちのエネルギーが「インゲンの花」を記念碑ドラマに格上げさせるという評価だ。

こうした中、昨日(26日)「緑豆花」の制作陣がこのような俳優たちの狂った熱演、その秘訣を公開した。カメラがあろうがなかろう、ひたすら自分のキャラクターや作品のみ没頭している俳優たちの努力がまさにそれだ。

公開された写真は、「緑豆花」の撮影現場のあちこちで捕捉した主演3人チョジョンソク(バック川駅)、ユン・シユン(ベクイヒョン役)、ハンイェリ(ソン・ジャイン役)の姿を盛り込んでいる。写真の中の俳優たちは、カメラがしばらく戻らない間、熱心に台本を見ている。人々が多かれ少なかれ、誰呼んでもわからないほど集中した三人の俳優の姿で作品と自分のキャラクターを向けた格別の愛情を感じることができる。

これと関連し「緑豆花」の制作陣は、「私たちのドラマの中の人物たちは、それこそ波乱万丈の変化を経る。俳優たちはキャラクターの変化を事前に念頭に置いて演技する時の感情やエネルギーを綿密に分配しなければならない。それほど難しいしかない。それにもチョジョンソク、ユン・シユン、ハンイェリを筆頭とした「緑豆花」俳優たちのベストを尽くして、完全なほど優れた演技を見せている。視聴者の皆さんが「緑豆花」の各人物の壮大に没頭することができる原動力にこれだと思う」と絶賛を惜しまなかった。

毎回強力なストーリー爆弾を爆発させてきた「緑豆花」。中、後半に入り、このストーリーの爆弾はますます強力になる見通しだ。もちろん、その中で劇を導いていくキャラクターたちも嵐の核のように波瀾万丈な運命にぶつかると。今までそうきたよう完璧な熱演で、これを表わす俳優たちの活躍が気にして、また期待される。一方SBSグムトドラマ「インゲンの花」は、毎週金、土曜日の夜10時放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43482-560686cc

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR