FC2ブログ

警察、「バーニングサンゲート」核心人物VI終了検察送検... 「捜査終結」



'バーニングサンゲート」を6ヶ月以上捜査してきた警察が事件の核心人物である歌手のVI(29・本名イ・スンヒョン)を25日、検察に渡して捜査を仕上げました。

VIと犯行を共謀した疑いの麟錫前ガラスホールディングス代表(34)とVI側と癒着疑惑で捜査を受けていたユン総警も検察に送致された。

ソウル地方警察庁知能犯罪捜査隊はこの日のVIを売春処罰法違反(斡旋、売春)、業務上横領、トゥクギョン法業務上横領、証拠隠滅教師、性暴行特別法違反(カメラ等利用撮影)、食品衛生法違反など計7つの容疑で検察に起訴意見をつけて送致したと発表した。

警察によると、VIは過去2015年12月から2016年1月までに台湾人の一行および日本のビジネスマンたち、香港の一行などを相手に数回にわたって売春行為を斡旋したことが確認された。

警察は、VIとユ氏、売春斡旋本など4人の売春斡旋容疑を適用して、性接待に動員された売春女性17人とVI、ユさんなど21人の売春容疑を適用した。ただし、過去2017年12月にフィリピンパラワンで開かれた彼の誕生日パーティーで性接待を行った容疑については不起訴意見(容疑なし)に送致した。

VIとユ氏は共同で設けた投資会社ガラスホールディングスとバーニングサンの資金を横領した疑いもある。警察は、彼らが台湾人投資家」リンサーモ」と共謀して横領した横領額が11億2000万ウォンに達すると見ている。

警察はVI、ユさん、バーニングサン共同代表であるイソンヒョン・イムンホさん、林サーモ秘書Aさんなど5人をトゥクギョン法業務上横領などの容疑で起訴意見送検し、どうしてもリンプライベートについては起訴中止の意見をつけて検察に渡した。

また、電源産業側横領金の7億3000万ウォンにはバーニングサン共同代表イソンヒョン・イムンホさんと電源産業会長李さん、代表B氏など4人をトゥクギョン法業務上横領の共犯で起訴意見送致した。

「VI団トクバン」から「警察総長」に議論されたユン総警は、職権乱用権利行使妨害の疑いが適用された。

警察は先月ユン総警と前江南警察署経済チーム長のキム某軽減を職権乱用権利行使妨害の疑いで、前江南警察署経済チームのスタッフシン軽装を公務上の秘密漏洩の疑いで起訴意見送致する予定だと述べている。

また、警察はこの事件の捜査中に追加の認知されたバーニングサン代表さんの2人の背任水蒸気材、警察の捜査に虚偽の事実確認書を提出したチェ某氏にも私文書など偽造の疑いを適用して起訴意見で検察に渡した。

ユン総警は2016年7月のクラブバー「モンキーミュージアム」の食品衛生法違反取締り直後ユさんのお願いを受けて金軽減に取り締まりに関する内容を連絡し、これをユさんに伝えた疑い、金大尉は、担当者新軽装を介してケースの内容を把握しユン総警に渡した疑い、新軽装は取り締まり事実と理由を金軽減に教えてくれた疑いを受ける。

ただしユン総警の請託禁止法容疑については不起訴意見に送致し、賄賂罪の適用が難しいという最終判断も下した。しかし、職務関連性のあるユさんから食事などを提供された点が認められるように、聴聞の機能に通報する方針だ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43469-ad50ec37

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR