FC2ブログ

「賞金千万ウォン」。「ステージK「日本エキソチームは、シンドン泣かせ感激の優勝



'ステージK「日本エキソチームが優勝し、大長征が終わった。

23日午後放送されたJTBC「K-POP CHALLENGE-ステージK」の最終回では、日本エキソチームと米国のアイコンチームの決勝戦が公開された。

「ステージK」はK-POPスターと一緒に夢の舞台に上がるための世界の人々のKポップチャレンジを扱ったプログラムである。Kポップを愛する77カ国が挑戦してただ二チームが残って決勝戦を行った。

キングオブキング戦4強A組ではスウェーデンのアップデートワイスチームvsアメリカアイコンのチームが対戦となり、米国のチームが、スウェーデンを破っまず決勝に進出した。

日本のエキソチームはキングオブキング戦準々決勝で、ロシアEXIDチームとブトオトゴ、さらに優れた実力で4強に進出した。これら4強で最強の実力者、フランスのスーパージュニアのチームと競争した。

フランスのチームの舞台に接した傍聴者は起立拍手を打ち、審査員たちは「本当にかっこいい日本チームが心配しなければならなりそうだ」とした。日本チームの舞台が終わると、今度は審査員がその場で起きて拍手喝采を送った。ウニョクは"息がつまる」と感心した。

20190624082837565.jpeg

ウニョクは"元エキソがスーツを着て出るのに、日本チームはかわいい衣装を着て出てきて軽く心配したが、それを踊りである勝ってしまった。話にならない舞台を見せてくれた"、ソルジは「日本チームがちょっと怖いようだ。表姿はとてもかわいい、見下す表情が出るのも驚いた。パワフルな動作をしたら動作がターリーた本当にコントロールを上手だった。まだ鳥肌がたつ」と述べた。

日本チームは、フランスを抜いて決勝に進出したし、日本のエキソチームvsアメリカのアイコンチームの対決が実現した。日本チームはエキソの「ココご飯」を、アメリカのチームは、アイコンの「ダムアンドダマー」を選択して素晴らしい舞台を披露した。

両チームとも「絶対負けたくない。ぜひ勝ちたい」と優勝したい気持ちを表わし、審査員たちは「とても上手だ。本当のけいれん。どうすればいい。ボタンを押すことができない」と好評しながらも悩みに陥った。

観客の評価では、日本チームが少し前に出て行ったが、わずかなスコア差であった。再び審査員の評価では、米国のチームが続いていますが、ドリームスター評価で日本チームが5対1という圧倒的な選択を受けた。

優勝を予想していない日本チームは感激の涙を流し、玄武はトロフィーと賞金千万ウォンを授与した。

まだ若い10代の少女たちの喜ぶ姿にシンドンは「こんなの見ると、私も涙出てくる」と同じように涙を見せ感動を誘った。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2019   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43451-6fa38ceb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR