FC2ブログ

帰ってきた防弾少年団、釜山5万亜美と幸せだった2日(総合)


防弾少年団が挨拶をしている。/ soul1014@osen.co.kr


グループ防弾少年団がメンバー政局、ジミンの故郷釜山で5万人のファンと幸せな時間を過ごした。

防弾少年団(RM、シュガー、ジン、ジェイホップ、ジミン、ヴィ、政局)は15日、16日の両日間、釜山アシアード補助競技場で公式グローバルファンミーティング「BTS 5TH MUSTER MAGIC SHOP」を開催した。

この日防弾少年団は、前日の公演に続き、「両方!三! '、' Magic Shop」、「HOME」、「Ma City」など、さまざまな曲で舞台を飾った。また、この日の公演では、前日セットリストになかった「Tomorrow」の舞台にも披露し、爆発的な反応を引き出した。

特にアミ(防弾少年団ファンダム人)が最も期待していた舞台は、「HOME」と「Ma city」であった。「HOME」は、防弾少年団が韓国公演で初めて披露曲で、韓国で一番最初に舞台を見ることができることに意義がある。また、「Ma City」は、メンバーたちの故郷をテーマにした曲で、釜山出身ジミンと政局が披露舞台に多大な期待が集まった。

201906162358578d4.jpeg

防弾少年団ファンが会場に向かっている。/dreamer@osen.co.kr

20190616235857051.jpeg

防弾少年団ジミンの広告は、総合運動場の壁に掲載された。/notglasses@osen.co.kr

防弾少年団は、二度のファンミーティングで期待を超える舞台にアシアード補助競技場を熱くした。また、観客全員スタンディングで行われた今回の公演は、防弾少年団とアミドが一緒に走りながら舞台を楽しみ、その展開を加えた。

ファンミーティングが開かれる二日間、会場のアシアード補助競技場の近隣は祭りや相違ない雰囲気だった。3号線総合運動場駅に掲載されたジミンの壁面広告から足の届くところにあるメンバーの垂れ幕、バス広告などは、防弾少年団の人気を実感させた。

ファンは早朝から跨線橋に行わグッズを無料分かち合い、または販売した。橋の上にはファンでいっぱいになり、足の踏み場もないほど、人だかりを成した。カバーダンスチームの公演もあちこちで繰り広げられた。ひたすら防弾少年団への愛情だけで団結したこれらのステージにファンはアミ夜(応援棒の名前)を振って、応援法を叫ぶた。

いわゆる「ゴトドル」(会場バクマン突起)文化も目立った。一部のファンはチケットがなくて公演入場は不可能ですが、現場の雰囲気を楽しみたい気持ちに会場を訪れた。釜山に居住しているし、ファンは「防弾少年団は、通常、ソウルや海外のみではないか。近くにいること自体が良い。リハーサルする際に声だけ聞こえても幸せだ」と伝えた。

20190616235857fae.jpeg

防弾少年団ファンが会場近くでグッズ(お土産)を買って売っている。/notglasses@osen.co.kr

201906162358577d3.jpeg

防弾少年団ファンが会場に向け、記念写真を撮っている。/dreamer@osen.co.kr

会場立場を置いて、主催側と一部のファンの間で一回騒動が起きた。譲渡表公演を見ようとしていたいくつかの観客が入場を拒否れると、この事実をSNSに共有しながら、様々な噂をパットリョトドンこと。これビッグヒットエンターテインメントは「譲渡を受けたチケットと本人確認ができないチケットについては、どのような場合でも、入場が不可能である。指定例媒体、ファンカフェ、SNS、文字などを介して、事前案内したように、本人確認のための身分証明書のチェックを徹底的にた」と公式立場を明らかにした。

一方、防弾少年団の訪問を歓迎する釜山市のおかげで、アミはファンミーティングが開催された二日をさらに充実送ることができる。釜山施設公団側は広安大橋、龍頭山タワー、釜山港大橋などの地域のランドマークを一定時間に紫に水込めた、釜山観光公社側は防弾少年団関連旅行コースを直接選定して配布した。

また、釜山市側の公演が終わって、多くの人波が混雑しを検討、釜山都市鉄道を18回増便運行した。また、近くの交差点に交通警察を集中配置し、総合運動場駅には119義勇隊員が待機させるなど、円滑な行事進行のために積極的に協力した。

防弾少年団ファンが会場に向かっている。/notglasses@osen.co.kr

20190616235857fd3.jpeg

防弾少年団ファンが会場に向かっている。/dreamer@osen.co.kr

今回のファンミーティングは、防弾少年団の最初の釜山ファンミーティング兼政局とジミンの故郷で開催されたという点で、多くのファンの期待を集めた。立場の過程で多少の摩擦を起こしたが、防弾少年団は、ファンの長年の待つを満たすだけの公演で、釜山初のファンミーティングを成功的に終えた。

防弾少年団は、22日と23日、ソウルオリンピック公園体操競技場で「BTS 5TH MUSTER MAGIC SHOP」を開催し、国内ファンとの出会いを続けていく
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2019   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43390-644b5ca4

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR