FC2ブログ

「薬物疑惑」ユチョン号泣・ファンも涙... 懲役1年6月球状



パク・ユチョンが麻薬投薬を反省し、涙で量刑を訴えた。パク・ユチョンも泣いてファンも泣いて、裁判所が涙の海になった。ここで見物た裁判所職員らまで総出動して市場統合を彷彿とさせる人波の中に裁判が終わった。

14日午後2時、水原地裁刑事12単独は麻薬類管理法違反の疑いを受けているパク・ユチョンの初公判を開いた。現場には引退したパク・ユチョンをまだ擁護するファンが早くから集まって前の順番を占めた。社員証を首にかけてきた裁判所職員らまで降りてきて公判中のドアが数回開いて閉じノイズを誘発した。

裁判所は、パク・ユチョンの身元を確認した後、検察側に控訴事実を確認してくれた。パク・ユチョン側控訴事実を認めながらも、「ファンハナ側と陳述が交錯する部分があり、検察文の一部は否定する」とした。

弁論でパク・ユチョンの法律代理人は容疑を認めて反省しているが、パク・ユチョンがなぜ麻薬に手をズワイガニたのか調べてくれることを要請した。「行為自体に認めている。恥ずかしい気持ちが前に記者会見を開くこともしたが、麻薬をなぜになったのかの過程を見てくれ」とし「2016年告訴事件で疲れた状態であり、その過程で、黄河私に会い、結婚までしようとしたが、普通の生活を生きていくことができない状況に至った。困難なプロセスがあったことを考慮してほしい」と話した。

特に「パク・ユチョンは、犯行を隠すことなく打ち明け期起訴過程で犯罪の疑いが増えた。通常の薬物乱用の容疑で場合犯行告白は珍しいことパク・ユチョンの場合は正直に打ち明けた」と訴えて、「若い年齢で芸能人になって、通常の生活が難しかった。周辺から痛い視線を受け生きていくしかなかった犯罪者よりももっとひどい非難に包まれたりした。これらの人気を受けてきたパク・ユチョンが麻薬にまで陥って数を身に着けて裁判に立つことは、被告人も想像できなかったこと」との機会をもらっ論争した。

パク・ユチョンは、裁判に先立って二度反省文を提出しており、一件の嘆願書を裁判所に出した。裁判長は、「提出した反省文を受けた。よく読んで見るよこと言葉がある場合はしてくれ」と最後弁論の機会をパク・ユチョンに回した。

準備した紙を取り出したパク・ユチョンは涙を注いで、「拘束された以来、心配してくださって涙を流す姿を見て私を信じてくれた方が、私の過ちによりどのように大きな失望をされたか計ることができない」と嗚咽した。「私は大きな罪をんだことを切実に感じ憎む心ではなく、最後まで信じてくださった方々に申し訳ない気持ちが残っている。中にいながら自由の大切さを感じました。ご心配おかけし誠に申し訳ない」と涙声で紙を読んだ。

パク・ユチョンは前の恋人であった南陽乳業創業者の孫娘ファンハナの文を使用して、共犯として指名された。当初の記者会見まで開いてながら無実を主張している、薬物検査で陽性反応が出て拘束令状が発行されると、容疑を認めた。事件を担当した京畿南部地方警察庁麻薬捜査隊によると、「(これまでの捜査の過程でも)自分自身を下に置くことができなかった。認めるのは認めなければならないと考えた。(大切くださったファンなどに)謝罪したい」と容疑を認めてして検察に渡した。

パク・ユチョンはファンハナと一緒に3回にわたってヒロポン1.5gを購入し、このうちの一部を7回にわたってソウル特別市龍山区漢南洞にあるファンハナオフィスなどで投薬した疑いを受けている。前初公判のファンハナパク・ユチョンとの同伴麻薬投薬疑惑については「証拠の確認する必要がある」と述べている。二人は麻薬勧誘の主体と投薬回数などを置いて、他の文をしていると伝えられた。

検察はパク・ユチョンの懲役1年6月に追徴金140万ウォンを求刑した。執行猶予がある場合は、保護観察も要請した。宣告公判は7月2日午前10時予定された。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2019   0 comments   0 trackback
Category :5人の東方神起

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43373-682f7a0b

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR