FC2ブログ

YGヤン・ヒョンソク「すべてのステートメント覆すしろ」ハン喜脅迫→非子供」麻薬論議 'セグクミョン



ヤン・ヒョンソクYGエンターテイメント代表が非アイ(ギムハンビン)麻薬疑惑と関連し、歌手練習生出身ハン希を懐柔・脅迫した情況が明らかになった。漢書希がヤン・ヒョンソクの介入を暴露した中で、今回の「麻薬論議'は新たな局面を迎えた。

漢書喜は14日、自身のインスタグラムに「ヤン・ヒョンソクがこの事件に直接関与して脅迫したの部分は、警察の癒着が重要なポイント」と「その情報提供者が国という理由だけで私に焦点が向けられるのが気になる」という内容が入れられた長文の文を掲載した。

彼は「販売の本とのに考えてみれば販売の本はありません金銭的に利益本拠ないまともインタビューを通じて明らかになるだろう」とし「交付について再調査が行われた場合、誠実に調査されることである」と述べた。

先立って去る13日MBC「ニュースデスク」は、非子供に薬を提供した疑いを受けた人物として知られている寒暑喜とのインタビューを公開した。

この日の寒暑喜は「弁護士選任をYGエンターテイメント(以下YG)でくれた陳述翻意もヤン・ヒョンソクが指示したのか」という質問に、「記者様が考えていることと同じだ。言って何ハゲトニャ正直だ知らないのか」とし「記事に出てきた通りが正しい。(関連内容を)言う会長様厳しく非難される。私は実質何も言わない。携帯電話番号も変えるだろう」と、事実上ヤン・ヒョンソクの介入を認める姿を見せた。

同日KBS「ニュース9」も寒暑喜を代理して、国民権益委員会に公益申告をしたバンジョンヒョン弁護士のインタビューを公開した。

部屋弁護士は「情報提供者(ハン希)は、2016年4月頃にビアこれとともに大麻を吸引したという。当時ビアこれ(アイコン)宿泊施設の前にあるATM機から直接現金を探してくれた聞いた」と明らかにした。

部屋弁護士によると、ヤン・ヒョンソクは非子供麻薬疑惑関連警察の調査を受けたハン喜を懐柔・脅迫した。

当時ハンソ喜は釈放された後、ヤン・ヒョンソクと出会い、この席でヤン・ヒョンソクは「あなたに不利益を与えることは容易にすることができる。私たちの所属事務所芸能人はすぐ薬物検査をしても(麻薬成分が)出てこない。定期的に薬物検査をしては、もし薬物が検出されると、どのような方法で薬物成分を抜き出すことができますので、検出がないだろう」と述べた。

以後ヤン・ヒョンソクは寒暑希に十分な事例と弁護士選任を提案し、非子供のためのすべてのステートメントを覆すよう事実上脅迫した。結局、ハンソ喜はYG側が選任してくれた弁護士と一緒に3次調査に臨んだ、すべてのステートメントを翻意した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43370-f1d8b37a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR