FC2ブログ

ブラックピンク、デビュー初マカオコンサートで「韓国語テチャン」に感動 "この瞬間を大切にしたい」



20190609115033b6c.jpeg

ブラックピンクが中華圏ファンたちの熱狂的な韓国語テチャンを引き出してデビュー初マカオのコンサートを完全受付した。

8日(現地時間)ブラックピンクは、マカオコタイアリーナで「BLACKPINK 2019 WORLD TOUR with KIA [IN YOUR AREA] MACAO」を盛況裡に終えた。

この日の「ツヅツヅ」と「フォーエバーヤング」でコンサート火ぶたを切ったブラックピンクは流暢な英語に加え、広東語の実力を誇った。地元のファンは広東語を駆使してコミュニケーションするブラックピンクに満足げな微笑を浮かべて歓呼した。

ブラックピンクは「コタイアリーナでの公演をすることになり、本当に嬉しい。みんなのように楽しく遊んでみよう」と叫んで熱い呼応を誘導した。

今回、マカオのコンサートは、過去のアジアツアーで見ることができなかった新しいアルバム「キルディスラブ」のすべての収録曲がレパートリーに追加されただけに、さらに豊かな見どころ・聴きどころが2時間近く繰り広げられた。ファンはまさに「名不虚伝」と口をそろえた。

個人舞台でも4人のメンバーのすべての光を放った。リサは笑顔の「Take Me」とジェイソンデルルでの「Swalla」に合わせて官能的ながらも節度ある振りつけで視線を盗んだ。指数はジェドの「Clarity」を熱唱して成熟したボーカル実力で一座を圧倒した。

ジェニーは、自分のソロ曲「SOLO」を披露し、特有の魅力を精一杯誇った。ロゼは「Let it be」、「You&I」、「私だけ見つめて」だけでなく、マカオコンサートだけで、特に「Can not help falling in love」の一部を新たに歌唱してファンたちを感動させた。

マカオの地元のファンは「ツヅツヅ」、「フォーエバーヤング」を含めて「口笛」、「キルディスラブ」などブラック・ピンクの様々な曲を韓国語で歌ってテチャン波を成し遂げた。歴代級韓国語テチャンに感激したブラック・ピンクは公演途中、現地ファンたちに感謝の挨拶を伝えた。

マカオのファンは(ブラック・ピンクの新曲「Do not Know What To Do」の歌詞を引用した)「描いて本四の記憶はPINK」と書かれたスローガンを単体で準備するイベントを広げブラックピンクをもう一度感動させた。また、公式応援封印」ピョンボン」が放つピンク色の携帯電話フラッシュに公演会場をいっぱい満たし美しい景色を演出した。

ブラックピンクはコンサート末尾「美しい都市に戻ってくることを願って願って、この瞬間を永遠に大切にしたい」と話してファンをキュンとした。熱狂的なアンコール要請に再登場したブラック・ピンクは現地のファンを一つ一つ目の塀た「nを」を熱唱した。

アジア・北米・欧州など世界を行き来しながら列を指定歩みを歩いているブラック・ピンクは、来る13日からデビュー初のオーストラリアツアーに突入する。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2019   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43322-7e28049d

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR