FC2ブログ

イェソン、カンイン擁護議論リンゴ "ファンの心に傷を与える申し訳ありません」



グループスーパージュニアのイェソンがメンバー粘着性を擁護したという論議と関連心境を明らかにした。

イェソンは8日、自身のインスタグラムに「説明しなくても知っていることだろうと思ったのは私の過度の貪欲なようだ」という文を掲載した。

彼は続いて「長い間、何を準備していた、その過程で、一日もなく孤独息苦しいたびに私の唯一の力になってくれた皆さんの大切な心今回準備も同じだった」とし「私の軽率な行動のために大切なあなたの心に傷を与えたようだ」と謝罪した。

また、イェソンは「皆さんの心を完全に察しと断言することはできませんが、そのために、より努力する」とし「多くの時間の積もった傷は病気で当然である。その心を先に考えできず、再び、心から申し訳ないと言いたい」と付け加え自分の心を伝えた。

イェソンのこのような文は、粘着性を擁護したという論議の謝罪に見える。先にイェソンは先月31日、自身のインスタグラムストーリーに強靭のウェブドラマ「未来の出来事」ティーザーイメージを掲載し、「誰がなんと言ってもファイティング」という文を残したが議論になった。

これ暴行と飲酒運転の疑いなどで自粛中の強靱の復帰を公に応援したのは軽率だったという指摘が続き、イェソンは「絶対そんなことはない。気が短かったね。誤解しないで下さい。君たちが気に障った場合、私はもっとくよくよ。ごめん。そんなわけじゃない。
私はまだたくさん足りない見て。
エヒョ」とすぐに謝罪した。


一方、スーパージュニアは今年の下半期正規9集でカムバックする。今回の活動には、粘着性とソンミンを除く9人イトゥク、ヒチョル、イェソン、シンドン、シウォン、ウニョク、ドンヘ、リョウク、キュヒョンが参加する。チームの活動に参加していない粘着性とソンミンは、今後、別の個人的な活動を続けていく。

以下イェソンインスタグラム文に特化。

説明しなくても知っていることだろうと思って一私の過度欲なんだと思う。

長い時間の間に何を準備していた、その過程で、一日もなく孤独息苦しいたびに私の唯一の力になった皆さんの大切な心。

今回準備も同様だった私の軽率な行動のために大切なあなたの心に傷を与えたと思います。

あなたの心を完全に察しと断言することはできませんが、そのために、より努力しますよ
、多くの時間の積もった傷は病気で当然よ。

その心を先に考えできず、再び、心から申し訳ないと言いたい。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2019   0 comments   0 trackback
Category :未分類

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43317-ed65880d

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR