FC2ブログ

ク・ハラは、直接意見陳述望んでいる」... チェジョンボム「黙って」、2次公判終了



歌手兼俳優ク・ハラ(28)を暴行と脅迫した疑いを受けている前のボーイフレンドチェジョンボム(28)が無返答で一貫している。

30日、ソウル中央地方裁判所刑事単独20部では、性暴行犯罪処罰などに関する特例法違反、上海、脅迫や強要の疑いを受けているチェジョンボムの2次公判が開かれた。

この日チェジョンボムはストライプのスーツ姿で法務代理人(弁護士)と一緒に裁判に参加した。チェジョンボムは取材陣の質問に答えていないまま、裁判に臨んだ。しかし、極端な選択をしようとしていたク・ハラは、この日の法廷に姿を見せなかった。法務代理人のみ座を守った。ク・ハラのほか、検察が証人として申請した同居人、所属会社代表なども表示されませんでした。

ハラ側の弁護人は「(ハラが)現在の裁判に出席する状況ではない。健康を回復中」とし「次試験日程をつかむいただければ出席する。7月上旬以降は可能である」と述べた。一緒に証人として申請されたク・ハラの同居人の裁判所の質問には「大学の後輩」と「確認結果出席が難しい意見を受けた」と付け加えた。

しかし、ク・ハラ側は「被害者が意見陳述を望んでいる。本人がしたいとした」と強調した。これにより、裁判所は、次の公判期日を7月25日確定して、証人尋問を含めて2時間30分ほどの時間を配当した。

20190530163931c38.jpeg

2次公判に出席する「ク・ハラ元カレ」チェジョンボム。写真=聯合ニュース
チェジョンボムはハラに14日間の治療が必要な傷害を着せ、ク・ハラの体の一部を撮影してメディアに情報提供するとして脅迫した疑いを受けている。二人は2018年9月以降の法的攻防を繰り広げてきた。チェジョンボムはハラから一方的に暴行されたとして、顔の傷を公開し、ク・ハラは、双方の攻撃とチェジョンボムの無断家宅侵入の事実を提起し対立した。

4月18日に開かれ、1次公判でチェジョンボムは、富損壊を除くすべての容疑を否認した。特に「リベンジポルノ論議について「(ク・ハラの)写真は、被害者の意思に反して撮影されたものではない。性的欲求や羞恥心を誘発ほど写真でもない」と主張した。

ク・ハラは26日、自身のSNSに「さようなら」という言葉を残したまま自宅で極端な選択をしようとしたが、マネージャーAさんによって意識を失った状態で発見された。幸いなことに命に支障がなく、病院搬送後の治療を受けた。チェジョンボム側これを理由に公判延期を申請したが、裁判所によって棄却された。ク・ハラは「心配をおかけして大変申し訳ない。気苦労がひどかった。コンディションは回復されている」という立場を伝えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43237-c9598e16

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR