FC2ブログ

踊る時のゲルきれい ""ただ一つの愛」シンヒェソン、キム・ミョンス手をつないでバレエ復帰するか



'ただ一つの愛」でキム・ミョンスがシンヒェソンに酔中真談告白は、彼の告白にシンヒェソンが再びバレエを始めるか。

29日放送されたKBS2TV水木ドラマ「ただ一つの愛(演出イ・ジョンソプ、遊泳は、脚本チェ・ユン校)」でギムダン(キム・ミョンス)と連署(シンヒェソン分)の酔ダンスが描かれた。

この日ギムダン(キム・ミョンス分)は、危険にさらされ連署(シンヒェソン分)に走って行って翼を広げて、彼女を求めた。ギムダンは「どこアプニャ」と連署を安全な場所に移し、ヨンソはギムダンの翼を見てすぐに「これ何だ」と驚いた。

翼をバレてしまったギムダンは「来るな」と一歩退いた。ヨンソは「本当に信じられない」と目を離さず、
ギムダンは説明するとして、呼吸を整えた。しかし、ヨンソはそのようなギムダンの言葉を壊しながら「変態的なことを説明することはできませんが、このようなものを着ているだろヨトニャ」とギムダンを翼変態と誤認、ついに翼を持って「私の目の前ですぐに脱げ」と音打った。

ギムダンは紆余曲折の末ヨンソから離れは「人間の目に天使やモンスターや変態や」と言って、むしろ幸いだヨギョトゴ、自分の翼が消えたことを初めて確認した。

その間、地降雨(イ・ドンゴン分)が家に入ってきて、二人は地降雨をありがたくないように喜んだ。地降雨量は窓が壊れては部外者ではなく、ネブインのやっとしギムダンを犯人と名指しし、連署とギムダンはこれを無視して降雨量を追い出した。

部屋に戻ってきた連署は、自分自身を救ってくれたギムダンを思い出し上げ、彼の怪我をした足を心配した。しかし、ギムダンの足は、天使の免疫力で自らの傷をなくした。これアリないヨンソはギムダンに軟膏を伝えてやろうと行ったがギムダンが連署が好きな車を持ってドアの前で待っていた。ギムダンは「朝までここだろう」と連署を保護するものでしたし、連署は「オーバーしないでください」と冷たく言いながらもギムダンに軟膏を伝えてくれた。ギムダンはそのような連署のかわいい心配に微笑んだ。

地降雨量は秘書ギムダンの過去と現在の履歴をすべて調査し始めた。翌日ヨンソはギムダンが召喚した警護員せれ最後の夜、窓ガラスを破った人に尋ねた。ギムダンは「偶然の事故」としたが、連署はシャンデリアまで落ちたのは偶然ではない怒った。素晴らしいシューティングゲームが出なかったので、連署は最後の夜CCTVの追跡、ギムダンは自分の翼が生じた最後の夜を心配した。一方で、ギムダンの翼が出てくる前の映像でCCTVが止まり、ギムダンは危機を免れた。知ってみると後(キム・イングォン分)がCCTV修理員に変身して、これを停止している。

ギムダンは嬉しい心に後を追ってきた。後は、「人間には寿命があり、私たちはデッドラインがある」との時間があまりないことを伝え、ギムダンは「誰が好き見たことがあるのか、考えただけでも幸せになる人がいるかどうか繰延立つ本当にわからない」と連署の心を盗むことについて、自分のない姿を見せた。

地降雨が家に訪ねてきた。犯人を捕まえるために、刑事まで同行した。続いて降雨量は連署にした時間だけ時間をくれと会話をしようと、それは連署はこれを拒否した。ヨンソは行くべきところがあるとしギムダンに運転をお願いしたが、ギムダンは運転を行うこと分からなかったが、結局地降雨がこれを支援することにした。思わず三人が一緒に車に乗って上昇した。

三人が到着したのは納骨堂であった。連署が先に世界に背を向け、両親に会うためだった。ヨンソは自分に角膜を寄贈し、事故でこの世を去った彼の長年の秘書(ジャンヒョンソン分)を思い出して涙流した。ヨンソは「私だけこんなに残し」と涙は、その姿をギムダンが遠く残念見守った。

ギムダンはヨンソに「希望が生まれた君に」とし「お前の愛というものができる人だ」と述べた。
ヨンソは「愛?」とドゥェムルオトと、「間違って指摘した」とし「アブ震えるもオーバーもいけない」と言って線を引いた。
ギムダンは「私を与えることが、できや」とし「君だけのために存在している人」と話を切り出した。ギムダンは「率直に言って話たい、私の人生の目標は、君だ」と、ストレート、連署は「狂った」と言って言葉を向けた。しかし、自分も知らないうちにギムダン言葉に余韻を感じた。

雨ソトアれ、連署はギムダンを待っていた。地降雨が傘を持ってきたが、連署はギムダンを待つと拒否した。このとき、地降雨が連署の過去バレエ姿の入れられた映像を目の前で流した。か降雨量は「夢幻的是非な夢の女神」と幼い連署の姿を思い出させるようにした。映像を見て深く考えにロックされた連署、そんな連署にまで降雨量は、「好きです、好きけいれん」とし「ここでスニーカーや申告地を踏む人ではない、バレエ再びましょう私と一緒に」と言って連署に戻っバレエを始めることを提案した。

家に帰る途中、突然の障害物にかかって車の事故は私ところだった。か降雨が「大丈夫ですか?」と連署の手を握って、連署は、事故私自身の手を握って「大丈夫」と聞いたか降雨の声とオーバーラップされた。ヨンソは「事故私は私はあなただっか」とし「救急車呼んでくれて、私の手握ってくれた人か、降雨氏ヨトニャ」と驚いたし、か降雨量は、事故の日週間だったヨンソのアクセサリーをお届けしながら、これをわざわざ言わなかったした。後部座席で二人を見ていたギムダンは「人間は、このようなことを運命だとする」としていた後の話を思い出した。

連署を家まで連れて行ってくれたか降雨量は、秘書のギムダンに「賄賂」とプレゼントを差し出した。艶いた最後の日とは異なり、地降雨の相反する姿にギムダンは恥ずかしいが、何よりも彼眺める連署の目つきが変わっていることに、さらに慌てた。

家に帰ってきた連署は、バレエを再しようとしていたか、降雨の言葉を思い出した。より上がって行くべきだと言ったか、降雨の言葉だった。ヨンソはそのようなことを、降雨の言葉に改めて考えになった。同じ時刻、地降雨も過去連署のバレエ映像を流し据え"どうすれば繰延書の心臓を再び走るか」と悩んでいる。塗ら掘削したギムダンの履歴書を確認し、何もない彼の正体を把握した。

ギムダンはない降雨から受け取ったチョコケーキを束チートス熟睡に陥った。よりによって連署の犬がチョコケーキを一緒に食べて倒れ、連署はすぐに犬を病院に移した。ヨンソはギムダンに「残ったのはグルミだけ」と慎重くれることをお願い、ギムダンは「なぜ一人でか、私あり、従業員もいないのか」と述べた。ヨンソは「一生私の隣にあるのか、私は老い、死ぬまで」との質問は、ギムダンは答えを停滞した。するとヨンソは「私のために存在するとしていなかったのか」とされて尋ね桁を去った。

ヨンソとギムダンが家に到着し、この際、チェヨウンジャ(ト・ジウォンの方)の家族が家族を言い訳に許可もなしに家に入った。
ヨンソは2階にあったチェヨウンジャとぶつかっ、チェヨウンジャは連署の資料をすべてバッグの中に入れて何気なく挨拶した。それとともにまだ適切に歩くことができない連署を皮肉ったし、連署こっそり資料をいっぱい袋に入れて逃げた。

ギムダンはヨンソの鋭敏な姿に残念がった。ヨンソは「私にうるさく指図しないでください」との日を立て、
ギムダンは「私はすること、人がそうミョミョない、いつまであなたの気分によっては勝手がのか、哀悼ないそうだろう」としながら「おめでとうという人に矢を撃たなければならのか、最終的に被のはお前だ」とした。ヨンソは「君はおじさんの代わりに、おじさんは多とした」と怒り、ギムダンは「私ギムダンであるが、おじさんがなく」とし「両親とおじさんのように多去り後悔のか」と爆発した。

ヨンソはその言葉にかっとし、ギムダンの髪の毛をつかんだ。金短刀連署にかっとなってケーキを手投げ、連署は、最終的に「お前解雇」と挑発、金短刀"私はもうできないよ私は愚かだった」ミョソ"君という女性絶望しない、なんて人が情ないのか」と連署にうんざり私よう席を蹴って出て行った。

その夜、ヨンソは自分にカモミール茶を渡したギムダンを思い出し上げ、終了酒に束酔っギムダンが連署を心配して庭をきれいにした。続いて連署を見るやいなや、「最後のだ片付けてあげる」とし、続いて連署の手に私の傷を発見した、ギムダンは「申し訳ありません」と言って膝ひざまずくと、通常、自分の天使ハンカチを連署に束ねた。ギムダンは「これは私、私と考えておいて、私はなくても私と一緒にいるかのように」とし「これさえあればどこにでも行くことができる、私は注文歩い与える」と語った。

続いて「これで踊りも踊って欲しい、誰もがあなたのダンスに感心する気持ち感じて欲しい」とし「私だけ信じなさい、私は異なっている、私は本気だその言葉を信じて欲しい、優しするほど感謝して欲しい」と語った。すべて連署が言った言葉だった。連署はそのようなギムダンの言葉に驚き、自分の手を握って酔いが束上がっダンスをリードするギムダンの姿に二回驚いた。

ギムダンはヨンソの両頬をかばって、「あなたは踊れる時が一番きれい」と述べ、連署の品に抱かれた。ヨンソはそのようなギムダンから、自分も知らないうちにときめきを感じた。予告編ではギムダンが連署に「この世に君と私ぴったり二人だけと考えてみましょう」と言って連署を再踊れよう勇気を引き立ててくれる姿が描かれて、連署はギムダンの力を受けて再びバレエを開始するか注目するようにした。

一方、「ただ一つの愛」は、愛を信じていないバレリーナとキューピットを自任したわっぱ天使のファンタスティック天ロマンスを描いたドラマだ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43231-93e0d3d2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR