FC2ブログ

「春の夜」ハン・ジミン・ジョンヘイン、最初の出会いでお互いに引き付けられた... 現実メロ「波動」



「春の夜」ハン・ジミン、ジョンヘインの出会いが申し分ないメロの誕生を知らせた。

去る22日午後、初放送されたMBC水木ミニシリーズ「春の夜」では、長い恋人とインスピレーションせずに関係を続けて行った図書館司書イジョンイン(ハン・ジミン)と一人息子を育てる薬剤師ユジホ(ジョンヘイン分)の日常に新しい感情が芽生え開始した。

この日放送された1、2回は、それぞれ4.6%、7.0%の視聴率(ニールセンコリア首都圏基準)を記録してテレビ劇場をひきつけた。特にディテールな演出とハン・ジミン、ジョンヘインの申し分ない相乗効果を通じて、感性に満ち現実メロが誕生、見る人々に枯れてた愛の感情を呼び覚ましている。

薬局で年長薬を飲んで出なければ財布がないという事実を悟ったイジョンインこの電話番号を与えると言うれよう自分の番号をウルプドン維持号まっすぐ目は、その番号を思わず覚えしまったイジョンインの姿がひそやか気流を形成した。

彼にメッセージを送って、しきりに彼の神経使っていたイジョンインは答えを待って、最終的に薬局で一歩前進、ユジホはそんな彼女に「そうもう一度見るつもり」と直球で関心を示した。静かだった心に、小さいながらも明確な波動が起きた二人は、雪が降る日再会、イジョンインは結婚する人がいるという話を、ユジホは子供がいると告白して、より率直な自分の状況を明らかにした。

続いて「友達」の関係を提案した女性と楽自分がないと、これを拒絶した男、二人の男女の現実的で妙な関係の整理の余韻が入れられたこの会話はさらにリアルさを加重させた。

何よりも劇中イジョンインとユジホという人物そのものがされたハン・ジミンとジョンヘインの飾らない自然な演技が没入感を倍加、日常のままの姿を淡泊に捕捉やり遂げた演出も視聴者を浸し陥る作った。劇の雰囲気を盛り上げて、時にはモングルモングルたときめきをピア出す音楽もまた「春の夜」だけ叙情性に満ちて表わすのに十分だった。

だけでなく、イジョンインとの結婚を考えて自信を持って人だけの間にきわどく架けられた男グォンギソク(ギムジュンハン分)、自分の実利のために娘の結婚を圧迫する父異態学(ソン・スンファン分)、こっそり離婚を決意した人である(イムソンオン分)、ここで飛ぶかも知れない弟イジェイン(住民軽分)などは明らかに周りのどこかに存在すると思われる多彩なキャラクターたちの饗宴で劇を豊かに満たして共感度を加えた。

一方、現実にぶつかっまま終わると思ったイジョンインと維持号縁は予想外のバスケットボール競技場で行われた。そこ維持号グォンギソクの大学の後輩として一緒に試合に出場していたこと。お互いを発見したイジョンインとユジホは出会った視線を避けたが以内導かれるような目つきに向かって、果たして三人の関係がどのような行方に流れるか、この日の放送に対する関心が集められている。

このように、最初の放送からリアルなメロの整数を示し、熱い反応を起こしている「春の夜」は、この日の午後9時に3、4回が放送される。mkculture@mkculture.com ▶第2回MKスポ
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/43158-ab40d5ef

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR