FC2ブログ

「熱血師弟」イ・ハニ、キム・ナムギルと本格空調..良心検査のサイダー反撃



俳優イ・ハニの痛快な反撃が始まった。「良心の検査」に生まれ変わっているバクギョンソン(イ・ハニ役)が「悪の枢軸」の旧漬けカルテルに向かってどっしりとした部屋を飛ばした。

去る29日放送されたSBSグムトドラマ「熱血師弟」(演出イ・ミョンウ|脚本パク・ジェボム)25、26回では、バクギョンソン(イ・ハニ分)がギムヘイル(キム・ナムギル)に空調を提案し、本格的に旧漬けカルテルを崩す準備を姿が描かれた。

バクギョンソンは自分のオフィスに侵入して命を脅かすた暴漢の背後がギムゴンヨン(ジョンジェグァン分)であることを気付いた。ギムゴンヨンは旧漬けカルテルのメンバーとして、バクギョンソンクラブ「ライジングムーン」の関連資料を閲覧してアイドル金君の車を探るために病院に行ったことを理由に彼を殺害しようとしていた。バクギョンソンは、これらに復讐を誓いしギムヘイルに協力を提案した。

以後、バクギョンソンはカルテル無理が緊密な癒着関係を結んで薬物分布先使用しているクラブライジングドアを急襲して国会議員バクウォンム(寒気中の方)の息子などの麻薬に酔った政財界の大物たちの家族を保持入れた。権力を庇護していた過去のバクギョンソンならできなかった選択では、バクギョンソンは、もはや出世のために旧漬けカルテルの側に立たないという宣言であるわけだ。

イ・ハニは、複合的な要因によって変化したバクギョンソンの姿を説得力のあるように描き出して視聴者たちの没入度を高めた。無念の死を迎えたイ・ヨンジュンの花嫁の敬意と懐かしさはもちろん、内面奥深いところにいた良心と欲望の衝突、そして命を失うところだった脅威を受けた後、復讐心まで複合的な感情を幅広い感情演技で表現した。

大聖堂から阪神部に「イ・ヨンジュン神父はアンジェラ様の愛が有毒深かった。今は少し未熟かもしれませんいつか主のように有能になるだろうから、祝福をたくさん上げだろうと言われた」という言葉を聞い感謝と罪悪感が共存する目つきでモクモクハムをかもし出した。また、単純に復讐心ではなく、自分がしてきたことに対する怒りと幻滅のため協力を提案したことがないかは、ギムヘイルの質問には頑張って淡々と平然とない答えるなど内面から感じられる良心の声に揺れる姿を見せた。バクギョンソンが良心に基づいて行動する「熱血検査」になって悪の軸に向かって飛ばす痛快な反撃を介して悔い改めの機会を取るようになるのか、視聴者の期待が集まっている。

一方、イ・ハニ主演の「熱血師弟」は、毎週金、土曜日の夜10時SBSで放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/42646-c2667a13

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR