FC2ブログ

「告白」イ・ジュノ、輝く熱演広げ作品の人気牽引中



「告白」イジュンホが水分を吸い上げた演技力を誇示して、代替不可俳優として位置づけた。

写真= tvN「自白」

「告白」は、「シグナル」の秘密の森」などウェルメイドジャンルムルを披露してきたtvNが野心的に準備した作品で、放映前から大きな話題を集めた。

先週ついに公開された「自白」は、過去のヒット作に劣らない質と完成度を誇り、すでに口コミの中心に立った。

主人公「チェドヒョン」役を引き受けたイ・ジュノは、輝く熱演を広げた作品の人気を牽引している。

大先輩であるユジェミョンと緊張感を形成し、毎回火花散る演技熱を広げている。

彼演じるチェドヒョンは最高の実力を誇る弁護士が子供の頃、心臓病を患った病歴、死刑囚として収監されている父などの複雑な背景を持った人物である。

撮影前には、イ・ジュノは中で数多くの理由が渦打つが表面上は常に冷徹を維持するチェドヒョンを表現するために徹底したキャラクター分析に突入した。

最大限さっぱりとして乾燥させた人物を描き出す側に方向をつかみ、この戦略は、完全に入って迎えた。

淡々とした演技は、より大きな響きをプレゼントし、魅力的なボイスと鋭い目つきは極に重量感を加えてくれた。

最初話から煙好評がソトアジムと同時に彼の広い演技スペクトラムの感心が続いた。

イ・ジュノは、ドラマ「油性メロー''は愛する間」「ギムグァジャン」、映画「二十」「ヒョプニョ、ナイフの記憶」を介してロマンチックコメディ、メロー、アクション時代劇など多様なジャンルを消化した。

「告白」をきっかけに、本格的なジャンルムルまで渉猟し限界を知ることができない俳優に成長した。

過去の制作発表会では、「次回作を選択するときは、前作と違った感じの作品を探そうする」という所信を明らかにした。

今年封切りを控えている映画「キバン令」(仮題)をはじめ、今後、彼が披露演技にさらに期待が集まる理由だ。

一方、tvN土日ドラマ「告白」は、一度判決が確定した事件は再び扱うことができない一事不再理の原則は、その法の枠に隠れた真実を追う者たちを描いた法廷捜査物で毎週土、日の夜9時に放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/42644-1eb57a56

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR