FC2ブログ

チョン・ジュニョン、ポスンジュル縛られたまま検察送検... 「証拠隠滅」の質問に無返答[現場総合]



▲29日、検察に送致されたチョン・ジュニョン。グァクヒェミ記者khm@spotvnews.co.kr

セックス映像不法撮影と流布の疑いで拘束捜査を受けているチョン・ジュニョンが検察に起訴意見で送致された。

チョン・ジュニョンは29日午前8時、性交動画を違法に撮影し流布した疑い(性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反)で検察に送致された。

チョン・ジュニョンは拘束捜査を受けられた21日のようにポスンジュルに縛られた姿で現れ、取材陣を通り過ぎ車両に搭乗した。取材陣の質問に別のコメントはなかった。

チョン・ジュニョンは検察の調査を受けた後、裁判に渡される見通しだ。

チョン・ジュニョンは拘束捜査中の証拠隠滅と態度論議に包まれた。提出された携帯電話の1台を工場初期化させて提出し、留置場では、コミックを見て過ごすことが知られて「謝罪真正性」の非難が殺到した。

チョン・ジュニョンを捜査した警察は、28日、彼は流布の疑い3件を追加で確認した。警察関係者は、「チョン・ジュニョンの不法撮影物流布の疑い3件を追加で確認した。既存の8件から3件追加され、11件となった」と話した。チョン・ジュニョンの麻薬類検査の結果は陰性判定が出た。

また28日、MBC「ニュースデスク」は、「チョン・ジュニョンチャットルーム」の参加者がすべて14人であり、歌手、8人、モデル1人、バーニングサンMD 2人で構成されていると述べた。

このうち勝つために、チョン・ジュニョン、チェ・ジョンフンほか歌手K氏とJ氏が確認された。Kさんは、「団体メッセージの部屋に参加したのは、確かだが共有した事実はない」と線を引いた。しかし、これらのチャットルームでの問題行動と発言をしたのかに関心が集まっている。

また、不法映像が流布されたメッセンジャーチャットルームは、すべての7つのであり、チョン・ジュニョンが撮影をした場所は、ホテル、アパート、江南風俗店、飛行機の中などで、時と場所を選ばなかったという。各映像の長さは10秒前後で被害女性たちが気づいて気づかないよう撮影が行われた。

チョン・ジュニョンは、携帯電話に含まれた資料が追加で出てくるたびに、「また出てきた?」とため息をついたと伝えられた。

また証拠隠滅状況も追加で捕捉された。モバイルメッセンジャーチャットルームの参加者は11日、不法撮影と流布が知られると一斉に携帯電話を交換した。

警察によると、勝利はチェ・ジョンフンに、携帯電話を変更することを述べ、チョン・ジュニョンも団体メッセージの部屋のメンバーであった朴某氏の要求にLA撮影現場では、携帯電話を捨てて新たに購入した。以後、警察に出席したチョン・ジュニョンは、携帯電話の両方を提出したかのように言ったが、過去の携帯電話のみ提出した。団体メッセージ部屋のメンバーたちも、携帯電話を交換した後、提出した。

一方、警察はチョン・ジュニョンを捜査する過程で勝利が団体メッセージの部屋に写真を上げたことを確認して勝利を性暴行処罰法上のカメラなど利用撮影容疑で追加立件した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/42638-56d1b0cb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR