FC2ブログ

YG "VI今夜9時、警察自主出席、尿・毛髪検査要求」



20190227223758745.jpeg
201902272237589c7.jpeg


YG「VI今夜9時、警察自主出席、尿・毛髪検査要求」

ビッグバンのVI(実名イ・スンヒョン)が27日夜9時、警察に自主的に出席して麻薬・性接待など、すべての疑惑について調査される。

ソウル地方警察庁広域捜査隊によると、VIはこの日の夜9時自ら出席する。警察関係者は東亜ドットコムに「VIが今夜9時自ら出席して調査を受けると伝えられた。ただし、詳細については、私たちも知らない。出席時間も状況に応じて異なることができる。一度知られている通り、本日夜9時自ら出席するだけ伝えた」と話した。

VIの所属事務所YGエンターテイメント側も「勝利が今夜9時自らチュルソクし、ソウル地方警察庁広域捜査隊で調査を受ける。本日午前、当社で言ったように、警察に捜査を促す嘆願書を送り、VIも直接警察に捜査を促す嘆願書を提出する予定」とし「今日の最初の尿検査と毛髪検査を要請する予定だ。これまでの疑惑について誠実に調査されて、いつでも呼べば再度追加調査を受ける」と伝えた。


ビッグバンのVI(実名イ・スンヒョン)が27日夜、ソウル江南の有名クラブ「バーニングサン」と関連して、様々な疑惑の調査を受けるため、ソウル地方警察庁に自ら出席している。東亜ドットコム国境ウォン記者onecut@donga.com


先立ちSBS funEは26日のVIが2015年末の投資家を催すクラブアリーナスタッフ金さん、ガラスホールディングス代表ユ氏など割ったモバイルメッセンジャー(カカオトーク、略称「カカオトーク」)会話内容を再構成して、最初報じた。「カカオトーク」会話の内容には、外国人投資家たちに言及しながら、クラブのメイン席を用意して行う女性を呼びなさいという指示などが含まれている。特に性接待が可能な女性を呼ぶものと推定される内容もあり、疑惑が高まっている。

しかし、VIとガラスホールディングスはデマという立場だ。まず、VIの所属事務所YGエンターテイメントは「本人確認の結果、当該記事(最初報道記事)は、操作されたテキストメッセージで構成され、実際にはないことを言う。加えて、当社は、維持してき基調通り「偽ニュース」をはじめとするデマ拡大と再生産など一切の行為について法的に強硬対応することをもう一度伝える」と述べた。

ガラスホールディングスも「最近バーニングサン事件で始めガラスホールディングスに関する記事が上がった。まず、バーニングサン株式を保有している会社の一つとして、今回の事態の責任を痛感する。しかし、推測に基づく内容に基づいて書かれた疑惑の記事によりだけ残して見ることができない、当社は疑惑に関する事実についての立場を言う。問題となっている「カカオトーク」の内容は、すべて事実無根だ。勝利と会社に恨みを抱いている人が虚偽で操作されたカカオトークの内容を情報提供しており、これは、確認手続きなしに報道された虚偽の事実」と説明した。

ビッグバンのVI(実名イ・スンヒョン)が27日夜、ソウル江南の有名クラブ「バーニングサン」と関連して、様々な疑惑の調査を受けるため、ソウル地方警察庁に自ら出席している。東亜ドットコム国境ウォン記者onecut@donga.com

また「外国人株主が会社にはないばかりか、カトクソースのキャプチャではなく、情報提供の内容に基づいて、画像で作り上げたカトク操作の記事を見て、よりはこのような状況のまま表示されないガラスホールディングスは、疑惑に関する事実についての立場を伝える」とし「内容を虚偽で作成操作情報提供する人物については、警察に捜査を依頼する予定であり、最後まで法的に明らかにすることを言うものである」と伝えた。

クラブバーニングサン暴行事態に触発された議論が様々な疑惑に広がっている。その過程には、VIとパク・ハンビョル夫ユ氏などが挙げながら議論が高まっている。これ警察も全方位的な捜査を進めている。ちょうどまだ具体的に明らかになったことがない。特に薬物のほか性接待疑惑も水面上に上がってきただけに、警察は関連疑惑についても調査を進めする方針だ。そして、このような状況の中での勝利が警察に自分出席する。

所属事務所YGエンターテイメントは27日午前、公式報道資料を通じて「昨日(26日)の夕方、所属事務所に転送してきたVIの立場を伝える」とし「VIは過去一ヶ月間、本人のために提起されてきた不自由な問題との報道について、もう一度すべての方に心から申し訳ないという意見を伝えてきた。不備が、一日も早くその捜査機関に自主出頭して精密薬物検査と本人と関連するすべての疑惑について、警察の捜査に積極的に協力したいという意見を伝えてきた」と伝えた。

続いて「当社も勝利の意見に同意するバー、YG法務チームは本日午前中には、捜査機関広域捜査隊に連絡を取って勝利の速やかな自主出頭意志と積極的に調査に取り組んでたい意見を正式に伝達する予定」とし「徹底した警察の調査を通じて無分別な噂の真相が一日も早く究明なるよう希望し、少しでも問題がある場合、それに相応の法的処罰を甘くなければならない」と述べた。

その一方で「反虚偽事実で明らかになった場合、公式の警察の捜査要請はもちろん告訴告発を通じたすべての法的対応を準備していくようにしたい」と強調した。

そして予告通りVIは警察と出席日程を調整、この日の夜9時自ら出席する。果たしてVIは警察の調査でどのような話を取り出すか。今後、警察の調査の内容に注目が集まっている。

一方、警察に自主的に出席するのVIは、別の非難に上がった状態だ。「ハッピーバルーン」に関する疑惑がまさにそれ。27日、中央日報は、ベトナムの主要なポータルサイトである「宝集まるドットコム」(baomoi.com)など掲載された記事を引用して報道した。関連報道によると、ベトナムのハノイにビジネスコーチ訪れたVIが日程を終えた後、不動産会社の関係者であり、知人「デニスも」という名前の男性などと一緒にバー(Bar)で午前2時までにとどまった。ここでの問題は、VIが「ハッピーバルーン」と推定されるものを吸引する様子を写した写真である。

これに対してバオ集まれドットコムは、「一部のファンが「覚せい剤」(ハッピーバルーン)を使用することを教える女性のための批判と、VIというアイドルスターの有名を利用するデニスドラは男性のための批判をしている」と伝えた。この報道は、地元でも甲論乙駁ある。

これと関連し、VIの所属事務所YGエンターテイメントはまだ具体的な立場が入れられた資料の配布をしていない。ただし、最初に「ハッピーバルーン」疑惑について引用して報道した中央日報の「VIに直接確認した結果、その画像は巧みに撮影されたもので勝利は「ハッピーバルーン」をしたことがないとした」と「ベトナム現地報道は明らかオー見せ本人は、その写真に対して非常に悔しがっている。非常に開放的な場所であるクラブで、自分が「ハッピーバルーン」を吸入したということが話されていないと抗弁している」と述べた。

「ハッピーバルーン」は、吸入した場合麻酔感が感じられる亜酸化窒素(N2O)を充填した風船をいう。韓国では、2017年4月、20代の男性が「ハッピーバルーン」を使用した痕跡を残して死亡した事件が発生し、その危険性が水面上に明らかになり、環境部が、同年7月に化学物質管理法施行令を改正、窒素酸化物を幻覚物質に指定して規制している。これにより、亜酸化窒素(ハッピーバルーン)を吸入したり吸入目的で所持・販売・提供する3年以下の懲役または5000万ウォン以下の罰金刑に処せられる。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/42325-547dcc7e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR