FC2ブログ

イムンホ代表、薬物陽性反応→VI性接待疑惑... バーニングサンバタフライ効果



VIと一緒にクラブバーニングサンを運営していたイムンホ代表からの薬物の陽性反応が出た。これまでバーニングサン側が複数の疑惑を否定してきたでは、今後大きな後遺症があると予想される。

ソウル警察庁広域捜査隊は26日、麻薬類管理に関する法律違反の疑いで、ソウル江南区に位置するイムンホ自宅を家宅捜索した。

警察はイムンホの尿と毛髪を任意提出を受け、国立科学捜査研究院に麻薬投薬するかどうか鑑定を依頼した。その結果、薬物の陽性反応が確認された。

これまでバーニングサン内麻薬、性的暴行疑惑について強く否定してきたイムンホの言葉偽りであること明らかになったものである。

だけでなく、バーニングサンクラブ営業社長である限り某さんも風船麻薬と呼ばれる幻覚物質であるハッピーバルーンを吸引したり、流通した疑いが捕捉され、警察の捜査を受けていることが分かった。これにより、警察はイムンホとハン氏の出国禁止命令を下し追加証拠を見つけるために家を家宅捜索した。

このうちVIも警察の調査を受けることになった。ソウル地方警察庁広域捜査隊は、人気があったVIのクラブ性接待疑惑来社に着手した。このように、バーニングサン暴行事件から始まった各種の議論との疑惑はイムンホ代表の麻薬、VIの性接待疑惑まで浮上なった。

先にした媒体は、VIが江南のクラブを各種ロビー場所として利用して投資家に性接待までしようとしたという疑惑を提起した。これと共にVIをはじめ、従業員の金某氏、ガラスホールディングス代表でパク・ハンビョル夫の有某氏と交わしたカカオトーク(カトク)会話の内容を再編集して報道した。

しかし、VIの所属事務所YGエンターテイメント側は「本人確認の結果、当該記事は、操作されたテキストメッセージで構成されており、実際にはないことを明らかにします」と解明、法的対応を予告した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/42321-32677fbc

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR