FC2ブログ

「王になった男」地上波含ま月火ドラマ1位水性... 最高10.1%

201902260708402410_1_20190226071305898.jpg
ヨ・ジングが真の聖に位置づけた。

2月25日に放送されたtvN月火ドラマ「王になった男」14回の視聴率は、ケーブル、IPTV、衛星を統合した有料のプラットフォーム世帯平均8.7%、最高10.1%を記録した。 tvNターゲット(男女2049)の視聴率も平均3.5%の最高4.1%を記録し、月火ドラマ最強者の面貌を現わした。(有料プラットフォーム全国基準/ニールセンコリア提供)

この日の放送では、完全な聖に位置づけた下船(ヨ・ジング分)の姿が描かれた。

重ソウン(イセヤング分)と外出から帰ってきた下船は府院君(利益件分)が殺害されたという知らせを聞いて憤慨した。 比(チャン・ヨンナム)とジンピョングン(イムセン分)を事件の背後に確信した下線はジンピョングンを保持者と人かというと、コントラストの肺分からない強行すると暴走してドスンジイギュ(キム・サンギョン分)を心配していた。

これイギュは、コントラストとジンピョングンからプロットの証左を見つけるために数を書いた。 イギュはわざわざ比に京大軍を殺した者が本人と告白し挑発し、理性を失った比から「私ジンピョングンに柱状の重を刺殺してください人だった。 府院君も殺せた」は、自白を受けた。 コントラストがヨクシムを品たという証拠を手に得られた下船とイギュは臣下のピェモ州庁を導き出しコントラストを西宮に幽閉させて、手に汗を握るた。

一方、下船がシンチス(権海孝分)から賃金イホン(ヨ・ジング分)を殺害した人が他でもないイギュという事実を聞いて、イギュに「シンチスその者が告げました。 旦那様が電荷を殺し、私も無駄がなくなる殺すと思います。 本当ですか?」と尋ねて薄氷のような緊張感をかもし出した。 これイギュは淡々とイホンを殺害した事実を認めた。 そして下船にチェジク(替直:官職を挽くガム)を求めた。 京仁大軍とイホンを殺した自分の存在が下船の前途に障害になることを懸念したためだ。 続いてイギュは「私た罪は私完全に余裕だろう」と下船から投げ出される覚悟をした。

しかし、下船は「旦那様の罪ではなく、私の罪」とイギュの罪をボドゥムた。 続いて「王の桁は、人を食って血を流す悲惨桁と言われました。 その悲惨なことを一人で耐えれたので、シンチスよう者旦那様が賃金の役割をすると誤解のでしょう」とイギュに向け変わらない信仰を明らかに見る人々の胸を鳴らした。 これイギュは目頭を赤くした。 これまでイギュは下船が権力に酔って性情が変わり、死んイホンの心が病んで取り返しのつかないことができなくなるかを見て心をゾルであったこと。

下船がイホンと異なることを確信しイギュは「所信よりは恐れていないことです。 臣下された道理を守って電荷を完全に信じて仕えます」と例を備えた後節を上げた。 これ下船はイギュにマトジョルを上げて視聴者たちの目がしらを熱くした。 このように、お互いに向けた信頼と敬意を表わした下船とイギュのマトジョルは定型化された君臣関係を破格的にぶち壊しと、視聴者に感動と戦慄をプレゼントした。

一方、極の末尾、窮地に追い込まれたジンピョングンが、最終的にシンチスと手を握って半分を図り波乱を巻き起こした。 ジンピョングンは半分の名分になることができる下船の密書を握ったシンチスのパオク(破獄:囚人が抜けていくために玉をブスム)を助けた。 この過程でシンチスは刀を抜いてイギュの命を脅かすし、ジンピョングンは数多くの反乱を率いて導電性に押しかけ緊張感を最高潮に導いた。 これ信仰に真の君臣関係が確立された下船とイギュが目の前まで迫っ反乱の脅威を免れることができるか、次の回の気がかりなことが急増している。 (写真= tvN提供)
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/42306-9902bcf9

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR