FC2ブログ

キム・ジェジュン、「新しい芸能準備中...すぐに国内ファン探す "

201901151727562910_1_20190130075223254.jpg
2016年「もう一度見たが、今では見ることができない悲しみ、君は私積み上げた時間のダリル渡っ待つを踏んで優れたてる狭め抱きしめたい」という歌詞でファンに幸せな涙をプレゼントしたキム・ジェジュン。日本で忙しい一年を送って、最終的に、国内のファンを再び訪れた彼に会った。 「アットスタイル」との出会いが初の韓国スケジュールと震えると、1月末、ファンと一緒に誕生日パーティーをはじめとさまざまな活動をする予定だとした。キム・ジェジュンが新たに広げられる2019年はどんな姿か。


201901151727562910_2_20190130075223272.jpg

201901151727562910_3_20190130075223284.jpg
201901151727562910_4_20190130075223296.jpg
201901151727562910_6_20190130075223319.jpg
201901151727562910_7_20190130075223329.jpg
201901151727562910_9_20190130075223348.jpg
201901151727562910_10_20190130075223353.jpg

Q国内メディアとは久しぶりに会うと聞いている。撮影はどうだったか。
▲楽しかった。 <アットスタイル>とは、前回にも会ったことがあってか、さらに楽に撮影をしたと思います。

Q写真は映画「恋する惑星」の名セリフに着目して行われた。 「世界のすべてのものは賞味期限がある」ということ。キム・ジェジュンは賞味期限がないように、その場には常に安定しているようだ。
▲ですか?全くないように見える(笑)。私にも賞味期限があるように思えるが怖い。ルックスも外見と、全体的頭で考えているのと心がよくない沿っという感じを受けたよ。 20代の時の生活のパズルを合わせようと努力したし、それに時間を長く投資したと思います。経験自体が貴重ましたよ。ところが、今は少しだけ合わせたパズルが少しでもずれると恐ろしい年齢になったと思います。

Qどのようなことが恐れている。
▲まあ...わからない。ただ、今は何か昔のように何でも挑戦して行うことができるという気持ちとは少し違います。前感情的に明るいエネルギーで過ごしてきたら、今は前より理性的でなければならと思っね。少し計算もしながら進むべきような気もして。たまにこのようなもの息苦しい時もあります。考えてみれば幼い時、真良かったと思います。

Q幼い時懐かしいだろうか。

▲恐怖がなかった時期がグリップでしょう。今ではあまりにも多くのことを知ってしまって怖くもできました。

Qそれでもいつのまにかデビュー16年冷たい。
▲まだ20年はないなりましたね。ハハ。周辺先輩たちの中、20年が過ぎても新しいことに挑戦して懸命に生きる方が多いです。その方を見ると、私も16年になったという感じは大きくない受けます。私最近、日本では本当に新人のように謙虚に活動しているんですよ。その感じがまたいいんですよ。何か若返ったような感じがしてね。

Qそれにしても、日本で新人の心構えで活動したよ。
▲そうです。誰かに私を新人に接する時は何か煙のように飾っているのではなくいくつかの前に述べたよう本当に新人になったようなのです。その後、むしろ抑止にならない姿も見られ、肯定的な緊張感とエネルギーが出てき。久しぶりに歌を持ってカムバックしたときのエネルギーがすばらしいでしょう。似たようなのです。長い時間活動してみると、このようなエネルギーが不足している感じを受けたりしたが、今回、日本の活動に充電した気持ちです。 「もっと熱心に見せなければならない 'という意志を固めてもしたんです。

Q日本での活動が多くの点で意味が格別なようだ。 2018年の日本の活動を振り返ってみると。
▲精神なかった。精神なしに働いて走ってきたんです。朝早く起きて、夜遅く終わっ毎日放送しました。たまたま新人の時のスケジュールを繰り返しているようですよ。ところが、頭は応じているのに、体は幼い頃に比べていくつかの疲れましたよ。それでもほぼ8年ぶりに望んで放送活動を自由にするということだけで感謝しています。以前に会った放送スタッフをまた会うこともしたが、あまりにも歓迎してくれました。それがとても良かった。あれこれ新しい1年とまとめてほしい。

Q既存のファンと一緒に新たなファンも多く生じたようだ。
▲以前と今の自分の姿が大きく変わっ新しいファンが生じたこともできると考えました。以前に第放送を見てきた、軽く生意気姿もありましたよ。足を組んでいたりするものであり。ところが、最近は全くそうではありません。 90度のジョンジャセに座って謙虚に放送している。その時の私と今の私のような人だということに気付かずに、新たにファンになったのがないでしょうか(笑)。そのおかげで、新しい印象を与えることができるよう良い。

Q日本でハイも、ヨシキとの舞台を通じて「聖徳」になって帰ってこなかったか。
▲私は本当に「聖(成功したオタ)」です。ラルクアンシエルハイ途上はほぼ伝説のような人であり、Xジャパンのヨシキさん新です。第伝説、神と同じステージに選挙だ。さらに会話までしていた。本当に信じられませんでした。写真も撮ったよ。今では私席で楽に会うの間になったが、むしろ距離を置きたく連絡を頻繁にしない方です。連絡を頻繁にしてみると私の中に英雄が消えることがありますからね。

Q緊張をよくしないのと聞いている。今回の活動にも緊張感がなかったのか。
▲緊張よりも、ストレスの連続だ。外国での文化自体も異なるだけでなく、してはならない行動と言葉が明らかにから。頭の中で絶えず考えるしかありません。私は放送をする時も台本を簡単に見て聞いです。むしろ、あまりにも考えると、緊張をして話ができないしたほうがよ。ただ「私らしく」話をする方です。

Qストレスを受けることにしてはラジオDJも見事に消化した。
▲ラジオDJが最も緊張した活動でした。ラジオは音声のみ出て逃げ方法がありませんから。オーディオとビデオが共存すると話をできないことと、表情にでも対処できる部分があるでしょう。ラジオはそうできないのが難しかったでしょう。さらに、私は外国人であり、生放送だからもっと緊張ましたよ。外国人が進行するラジオは、いくつかのありませんから。震えのみを監査した記憶に残っています。

Q昨年、日本ず、中国の上海で開催されたコスモビューティーアワードで「輝く美しアイドル賞」も獲得した。

▲だからと言っている。なぜ受けたのでしょう(笑)?とても感謝します。

Qこのような賞を受けるのを見ると外見がいつも安定したではないか。
▲はない。私は管理が徹底しなければならないと思うんだけど食べるのも、寝るのも適切に管理していない。一万考えてみると、第自身の管理することは少しおろそかた。運動もたくさんできなかったんです。全体的に過酷な労働の対価を受けたのが、体や顔だと思いますよ。

Qその中のYouTubeチャンネル「ジェジュンちゃん」もオープンした。何をしてたいか。
▲事実ユチュ稼ぐ想像もしないしてみました。しかし、今のチャンネルも見えたスターたちの本当の生活を一つ一つ見せたい。リアルに!芸能人はさすがスターに生活をするか?このようなものだろうしね。

Q韓国では、Web芸能「フォトピープル」で視聴者たちを久しぶりに訪れた。
▲そうです。久しぶりに挨拶ドゥリョトジョ。撮影もとても面白かった。他のものよりも私に写真という趣味を持つようにしてくれたプログラムだったので意味深く感謝したプログラムですよね。最近では、忙しくて趣味をよくずも。

Qウェブ芸能に続いて新たな芸能も用意していると聞いた。
▲実際の面白いリアリティが放送される予定です。録画中の出演者と率直な対話をしました。これまで私の口にしていなかった話者が、私は仕事を持って生活することの様々な考えにともしび。文字通り「リアル」な率直な放送になると思います。ほぼ9年ぶりにTV復帰なのに、久しぶりに挨拶することになる予定です。

Qアルバムも準備している。
▲「スポイラー」をあまりにも多くのことではない。ハハ。第アルバムは、いくつかのジャンルが含まれたアルバムになると思います。たて全域してから考えを変えたのがあるんですよ。 「できないこと、恐れていたこと、面倒なことを後方に置かずに、一度一度してみよう!」という考えであり。そこで今回ダンスミュージックもお見せないだろうかと思います。アルバムを聞いていると「キム・ジェジュンは本当に大きな課題たな!」は考えるのです。挑戦意識が強いアルバムを準備中ですよ。

Qアットスタイルとのインタビューが公開される頃の誕生日である。今回もファンと一緒に送ると言っていた誕生日ファンミーティング「J-PARTY&MINI CONCERT」は、どのように準備しているのか。
▲一度話が多く歌もする予定です。私はタイトに歌だけずっと呼んでも大丈夫だ、ファンは話をするのも好きだから。物語と音楽が共存するイベントになると思います。ファンミーティングのか、コンサートのか曖昧なものな気も。今回も3時間半、4時間をしていないかと思います。

Q 2分で全席売り切れを記録した。
▲ファンと1年に一度だけ会うことができる特別な誕生日ファンミーティングなので、多くの方々が関心を持ってくださったと思います。あまりにも感謝してね。

Qドラマや映画に復帰する考えはないか。


▲高速よ。しかしながら編成の問題やキャスティングの問題があり、したいと思う時期にすることが困難な状況です。タイミングもあるが、一緒に呼吸する俳優は誰、私がよくすることができる作品なのか等も調べなければから。ゆっくり余裕を持って考えてみるのがいいと思いますよ。

Q 10代、20代を過ぎて30代を送っている。過ぎた時間はどのように記憶しているのか。
▲10代、20代、30代も他のものと思います。実際には10代、20代の記憶はよく出ていない。昔に出た放送を探してみると、このようなものも出演していることウイアハル時ですよ。このような言葉も、歌も多いなハミョンソヨ。 16年車そう古いようでないと口では言っているが、私の頭の中のメモリは限界点に到達したかのような感じでもあります。あまりにも多く、様々な経験をしてきたので、そのようなことでもありよ。覚えていない破片を時々インターネットで見つけ見るの私はないような感じも耳を傾ける。幼い時れるように大人スロプギために苦労をたくさん書いた考えもしましたよ。ハハ。

Qファンは記憶をしているようだ。長い時間一堂において与えただけでも、大きな力がなるはずだ。
▲ファンのおかげでここまでしてくることができたと思います。ほとんど年齢がある程度例えば結婚をして、子のために、このようなことを
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2019   0 comments   0 trackback
Category :5人の東方神起

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/42016-5d890bf1

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR