FC2ブログ

メイクイーン 9,10話

今回から子役から代わって大人編。子役たちがあまりにイキイキ演じそれぞれキャラを明確に出してくれていたので、大人に代わるのが違和感ないか心配してたけど、全く杞憂にすぎなかったわ。
みんなうまくキャラを引き継いでる。脚本・演出もいいのでしょうけど、演じて達がさすがの演技力で説得力を持たせてる。
主演三人たくましいヘジュ、おおらかで明るいサン、ニヒルなチャンヒはもちろん、嫌味なイルムン、わがままお嬢のイナ、頼りないサンテにいたるまで空白の15年が容易に想像できるほど。
展開も早いので引き込まれるように視聴しているうち、あっという間に終わる感覚。

追っ手から逃れるために海に飛び込んだヘジュはあれからすぐに泳ぎ切って助かり、一家とともに相変わらず苦労しながら暮らしていた。兄妹の進学のために高校を中退、溶接工として働き一家を養っていた。
継母はヘジュを頼っている様子で屋台を出して夜働いているものの仕切っているのはあくまでヘジュ。長男なのにだらしないサンテは仕事も長続きせずヘジュのお金をあてにして遊び暮らす毎日。
昔のようにヘジュをいびって口汚くののしらなくなっている継母はヘジュに情がわいているようだけど、そんな情けない息子をヘジュの説教からかばう。

チャンヒとヘジュは連絡を取り合いひそかに愛を育んでいる。ヘジュは二人の父の敵とも知らずドヒョンの会社、天使造船への入社を夢見ていた。優秀なヘジュはトップの成績で最終面接までこぎつける。遠距離恋愛中のチャンヒと久々に再会。靴も服も買ってもらって面接に臨むが出来の悪いイルムンは相変わらず横柄でヘジュの名前も確認しないまま学歴を言い訳に不合格を言い渡す。
その面接中に乱入したのがサン。天使造船と取引のある大手会社のエリートになっているサンはイルムンのいいかげんな仕事が我慢できずに乗り込んできたのだ。
サンはかつて祖父から会社を奪ったドヒョンを見返し会社を取り戻すつもりらしい。

就職試験の結果はともかくチャンヒはヘジュとの恋愛を公にしてすぐにでも結婚したいのだが、家族を養わなければならないヘジュは待ってほしいと懇願。
チャンヒは勝手に父との顔合わせの場を作るのだけど、チャンヒ父といえば、ヘジュを始末するようにドヒョンに命じられ、ヘジュ養父を手にかけた悪人。自分のしたことを思えばとてもヘジュとの結婚など認められるはずがない。
その上、ドヒョン妻のグミからインファとの結婚を持ちかけられている。ドヒョンもいまや優秀なエリート検事となったチャンヒを頼りにしているのでまんざらでもない。

ヘジュは認めないといつになく逆上する父に驚くチャンヒ。父親を怒らせてまで結婚を急ぐことはないとヘジュは言うが、待てないチャンヒ。一刻も早くヘジュにそばに来てほしいのだ。相変わらずドヒョンに仕えこびへつらう父の姿を眺めながら過ごす日々の唯一の救いはヘジュ。ヘジュといるときだけが安らげて幸福にひたれる。
「僕だって幸せになりたいんだ」と父に訴えるチャンヒの叫びが心に突き刺さるわ。

就職の夢破れかえって見れば兄はまた勤めを辞め、妹は勉強もせず遊びまわり末っ子も言いつけに逆らい家事をしている。自分の人生がみじめに思えて亡き父の写真に向かってつらすぎると泣きながら愚痴を言うヘジュ。

一方サンは自分が面接の邪魔をした女の子がヘジュだったと知る。初恋なのに気づかないなんてね。
サンの鶴の一声でヘジュは採用されたらしい。直接サンがヘジュをヨットに招待してそのことを告げようとするのだけど、あまりにからかいふざける態度に頭にきたヘジュはサンを海に突き落としてしまう。
そのあと真相がわかりお互いに名乗り合って再会を喜ぶ二人。残念ながらサンが期待したヘジュの初恋相手はサンではなかったけどね。

就職が決まってまた戻ってくることになったヘジュたちはチャンヒの世話でジョンウの家に間借りできることになる。
実の姪とも知らず、かつて気に入っていたヘジュの成長を喜ぶジョンウ。

かつてドヒョンの命令で父を殺され追われた土地に戻ってきたヘジュの新生活が始まるのだ。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2013   0 comments   0 trackback
Category :メイクイーン

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/4196-28796158

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR