FC2ブログ

「SBS芸能大賞」イ・スンギ、全域1年ぶりに最も高いところ高く立つ[TVズームイン]



イ・スンギが2018年の一SBS芸能界を輝かせた最大のあまり立った。

イ・スンギは29日放送されたSBS「2018芸能大賞」授賞式で大賞を受賞した。

これは除隊1年ぶりに快挙だ。「執事部一体」は、イ・スンギの除隊後初の復帰作でイ・サンユンと育成再ヤン・セヒョンが加え、しっかりとしたラインナップを構築し、日曜日芸能の強者に立った。

イ・スンギは、そのボールを認められ「2018芸能大賞」大賞の栄誉に輝いた。受賞者発表前イ・スンギは、「私は今日楽しみにきた。対象は欲出すのではなく、天が与えられるだろう」と控え目な反応を見せたバー。

受賞発表後もイ・スンギは信じられないというように涙を浮かべた。イ・スンギは去る2011年'1泊2日」で対象を受賞したが、これはチーム賞に単独受賞は今回が初めてだ。

イ・スンギは、「自分の能力に受信した像ではないことをよく知っている。ユ・ジェソクシン・ドンヨプカン・ホドンなど優れた先輩たちがたくさんいらっしゃいその方のそばで学びながら、その教えには桁まできた。そして、「執事部一体」に出演してくれた師匠たち、その方が生きて来られた年輪と生活の哲学が込められた意味のある賞である"と所感を明らかにした。

イ・スンギは、また、「私にとって、週末バラエティーは特別な意味がある。私は人福が多くの人である。良い先輩たちの後輩の皆さんの愛する「執事部一体」のメンバーたち。芸能思春期を生き残ったイ・サンユンと素晴らしい仲間を得た育成材、なくてはならないヤン・セヒョン。本当にありがとう」と「執事部一体」の仲間たちに感謝の気持ちを伝えた。

最後に、イ・スンギは、「初めて」執事部一体」をテクヘトウルときに、なぜ簡単な方法を持つかとした。私も不安だった。ところが、その道を歩いてみると、新しいことを知ることになった」とし「2019年にも挑戦を恐れずに、多くの先輩たちがそうだったようにコツコツ自分の道を行く」と覚悟を伝えた。イ・スンギは、グローバル1年ぶりに最も高い位置に立った。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2018   0 comments   0 trackback
Category :受賞

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/41672-7fe45c11

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR