FC2ブログ

「王になった男」ヨ・ジング "イセヤングと、2つのロマンスを期待されている" [インタビュー]



2019年tvNドラマの火ぶたを切るtvNの新しい月火ドラマ「王になった男」ヨ・ジングのインタビューが公開された。生涯初の1人2役のコメントを真央に言うと、視聴者のための観戦ポイントまで誠心誠意抜いヨ・ジングのインタビューに「王になった男」初放送に向けた期待感が高まっている。

来る1月7日に初放送されるtvNの新しい月火ドラマ「王になった男」(脚本ギムソンドク/演出キム・ヒウォン/制作スタジオドラゴン)は、賃金(ヨ・ジング分)が自分の命を狙う者たちから逃れるために双子よりも似ている広大(ヨ・ジング分)を宮にかけ据え広がる話で、二重ヨ・ジングは敵から命を脅かされる王」イホン」と王とそっくりの双子外見で王の代わり広大」下船」まで1人2役をこなすで2倍の存在感を発散する予定だ。

ヨ・ジングは「王になった男」の出演理由について「原作と差別化されたエキサイティングでしっかりしたストーリーが感動深く、、1人2役で新しい姿をお見せすることができているという考えに、この作品に参加することになった」と明らかにした。続いて「一人の俳優に1人2役は、人生の中で本当に貴重な機会だと思う。魅力的な二人の人物を演技することができるようになってとても幸せだ」と、生涯初の1人2役の所感を伝えた。

ヨ・ジングは、自分が演じる二人の人物、広大」下船」と王」イホン」の考えも明らかにした。ヨ・ジングは「「下線」は遊ぶこと以外は学びがない広大だが、誰一人、あえて傷つけない人物であり、世界を眺める暖かい眼差しが魅力的な人である。それに対して、「イホン」は王と桁の圧迫感と、誰かが自分を暗殺すること被害意識に浸しますます生活の光を失っていくヒットカオながら恐ろしい人だ」と紹介しながら、「そっくりの双子ルックスが180度異なる魅力を抜いて出す」と熱意を燃やして期待を集めた。さらに「「下船」の悪ふざけは、撮影開始一ヶ月前から猛練習した」と明らかにした後、「「イホン」を延期するために印象書く練習をした。「イホン」は眉間にしわがなければならない。習慣になるほど印象を書いて通いたら周りの方々が「良くないことあるのか」と言われた(笑)」と情熱的な準備を公開した。

20181228142028823.jpeg

一方、「王になった男」でヨ・ジングはイセヤング(有ソウン役)とした人の顔で二つのロマンスを繰り広げる予定。これヨ・ジングは「自分の姿にも他の2つのロマンスをしているが、どのように表現されるか、私も本当に気になる」と明らかに好奇心を刺激した。また、相手役イセヤングとの呼吸に対して「(イセヤングが)あまりにも親切で、現場で私をたくさん配慮してくださる。一緒にする初日からとても良かった」と伝え、二人のロマンス演技を期待させた。だけでなく、劇中ヨ・ジングと南南ケミを誇ること予告されているキム・サンギョン(イギュ駅) -章光(ジョー内観駅)にも「先輩方も愉快した雰囲気をよく導いてくださる。感謝点は本当に多い」と温かい現場の雰囲気を自慢した。

最後にヨ・ジングは「王になった男」は、大きな愛を受けた原作とはまた別のストーリーを持っている」と耳打ちした後、「新しいストーリーなのに、多大な吸引力を持っている」とし、「王になった男」だけの魅力をアピールした。これと共に「現場に到着するたびに風景がとても良く、それに応じて映像美がとてもオシャレきれい。史劇特有の豊かなミジャンセンのために、すべてのスタッフが最善を尽くしているので期待してもいいと確信している」としながら、美しい映像美を視聴ポイントに挙げて、本放送に向けた期待感を垂直上昇させた。

tvNの新しい月火ドラマ「王になった男」は、千万映画「光害」を原作にしたリメイク作品で2019年tvNの最初の砲門を開く新しい時代劇。2019年1月7日の夜9時30分に初放送される予定だ。

20181228142028d55.jpeg

▶俳優ヨ・ジングインタビュー専門

Q」王になった男」を選択した理由

原作と差別化されたエキサイティングでしっかりしたストーリーが感動深く、、1人2役で多くの方々に新しい姿をお見せすることができているという考えに、この作品に参加することになりました。

Q原作「光害」と差別化された煙のための重点

キャラクターの設定が原作とは違って克明な違いを持っています。台本をそのまま皆さんにお見せすれば、視聴者の皆さんにも、ドラマにはまってお召し上がりにならないかと思います。

Q.「光害」のキャラクターとの縁について

の事実運命という考え以外の他の理由はよくわかりません(笑)。先に映画「対立群」から「光害」という役割を引き受けたので、今回の役割に没頭する簡単と思います。しかし、「王になった男」の中の「イホン」はモチーフは「光海君」ですが、実は作られた人物だと受け止めていただくことが、ドラマをより一層楽しく見ることができているという気がします!

Q初の「1人2役」の感想

一人の俳優に1人2役は生活の中で行うことができる機会は本当に珍しいと思いますが、このように魅力的な二人の人物の役割を引き受けることになってとても幸せです!まだたくさん不足だが熱心に努力しています!多くの期待お願いします。

Q「下船」と「イホン」どんな人物なのか

」下船」は遊ぶこと以外は学びがない広大だが、あえて誰か傷つけない人物であり、特有の世界を眺める暖かい眼差しが魅力的な人です。それに対して、「イホン」は聖となる契丹周辺の考えとは違って、王と桁の圧迫感と常に誰かに自分自身を暗殺するという被害意識に浸しますます生きていく光を失う人物であり、疑いがかかる者であれば、誰でもベルできるヒットカオながら恐ろしい人です。

Q「下船」と「イホン」のキャラクターを消化するための努力

予告編で公開された「下船」の悪ふざけは、撮影を開始する1ヶ月前から熱心に練習をしました!おかげで多くのシーンを撮影することができました!

一方、「イホン」を延期するために印象書く練習をしました。眉間にしわがありますね(笑)。習慣になるほど印象を書いて通いたら周りの方々が「良くないことあるのか」とましたよ(笑)。

Q「下船」と「イホン」それぞれの魅力

」下船」は誰かに擦り傷も出せないほど程度が多く、暖かい人に対し、「イホン」は、他の人の命を握った展開したことがある力を勝手に振り回す姿の極と極キャラクターでしょう。そっくりの双子ルックスが180度異なる正反対の様子。相反した魅力を引き抜いてます!

Q「下船」と「イホン」の愛情が行くキャラクター

二人とも大切キャラクターがあえて挙げるなら「イホン」が私にはとても慣れにくい人物だったので欲も多くて、その分困難でした。そのためか、醜い情ちょっと打ち込まね(笑)。

Q一人の顔、二つのロマンス

」下船」の愛と「イホン」の愛、非常に異なるロマンスでしょう。自分の姿にも他の2つのロマンスをしている私もどのように表現されるか、本当に気になる点です。ハード撮影しているのだから、多くの期待お願いします!

Q相手役イセヤングとの呼吸

あまりに親切で、現場で私をたくさん配慮していただき、一緒に撮影する初日からとても良かったです!

Qキム・サンギョン-章光とコミカルなケミのトピック。現場呼吸は?

先輩方も愉快した雰囲気をよく導いてくださいます。だけでなく、感謝点は本当に多いです!先輩たちしたがって、あまりにも面白く難しい撮影しています。

Q「王になった男」だけの魅力

の大きな愛を受けた原作とはまた違った、新しいストーリーなのに多大な吸引力を持っています!

多くの関心と愛お願いします(笑)

Q視聴ポイント

現場に到着するたびに風景がとても良く、それに応じた映像美がとてもオシャレきれいみんな驚くべきながら撮影に臨んでいます。時代劇特有の豊かなミジャンセンのために、すべてのステップが最善を尽くしているので、期待してもいいと確信しています!もちろん私も頑張っています。多くの愛お願いします。

Q視聴者の方々に一言

2019年新年の最初のスタートと一緒に挨拶ドリルできるようになっても嬉しいです。新年福たくさん受けていつも元気で、毎日が幸せになるよう願います。あなたの月曜日と火曜日の夜が王になった男と一緒に願います。多くの愛お願いします!
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2018   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/41665-f44ce956

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR