FC2ブログ

「秘密の森」アンギルホ監督、「アルハンブラ宮殿の思い出」と考えて見なければならない理由

0001073523_001_20181130091826881.jpg
'アルハンブラ宮殿の思い出」は、拡張現実(AR)と呼ばれる新素材をどのように実装するか。 演出の総指揮を務めたアンギルホ監督は「リアリティとCGの接点を見つけるには、リアルに表現しようとした」と伝えた。

tvNの新しい土日ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」(ソン・ジェジョン脚本、アンギルホ演出)が来る12月1日初放送を控えてハイライト映像を公開して熱い反応を得た。 特に、これまで好奇心を刺激してきたARゲーム素材の映像実装がベールを脱いで、魔法のようなドラマに対する期待感を爆発させた。

この期待の中心には、無条件に信じて見るというアンギルホ監督がいる。 昨年最高の話題作だったtvN「秘密の森」が愛を受けた理由の一つは、視聴者の理解と没入度を高めた現実的でありながらも親切な映像であった。 これ国内初の試みとなるARゲームと素材もアクセスが難しくない感覚的な映像で実装されるという期待が日増しに高まっている。

アンギルホ監督も「拡張現実をどのように映像で実装か」の悩みが作品を準備しながら、最も難しい部分だった話を切り出した。 これ "リアリティとCGで表現することができる部分の接点を見つけることに力を注いだ」と。 また、「ドラマであるため、現存する拡張現実の技術より少し大げさに表現した部分がある。 先に近づく未来と思いながら、できるだけリアルな部分を多くを表現しようとした」と作品の演出ポイントも「リアリティ」であることを強調した。

続いて「「アルハンブラ宮殿の思い出」は、全世界的に多くの人が好きで、楽しむ文化コンテンツであるゲームをドラマという物語(因果関係に編集さ実際、フィクション的な話)の中に簡単に楽しく溶かした。 特に、ストーリーを貫通するジヌとヒジュの魔法のようなロマンス作品の楽しさを一層高めるもう一つの観戦ポイントだ」というアンギルホ監督は「下痢ゲームについてよく知らない大衆も作品を理解するのに苦労しないように演出特に多くの神経を傾けた。 初放送に多くの期待と関心お願いする "は、風を伝えた。

久しぶりにお茶の間劇場に帰ってきた俳優ヒョンビンとパク・シネと呼ばれる超大型キャスティングからの特別な想像力で大衆をひきつけるソン・ジェジョン作家と感覚的な演出を誇るアンギルホ監督が意気投合し製作段階から放送関係者内外の注目を受けてきた「アルハンブラ宮殿の思い出」。 投資会社の代表である「ユジンオ」(ヒョンビン)がビジネスにスペインのグラナダに訪問し、ヒロイン「ジョンフイジュ」(パク・シネ)が運営する、古いホステルに泊まるされ奇妙な事件に巻き込まれる話を描くサスペンスロマンスドラマだ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/41281-3ffa93be

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR